ANA:NH860便香港/羽田ビジネスクラス。可動式パーティションシートは子連れにお勧め

子連れで香港旅行に行ってきました!

帰りの香港~羽田間のNH860のビジネスクラスを利用しましたので、その内容を紹介します。

NH860

NH860便のビジネスクラスは、フルフラットになるANA BUSINESS STAGGEREDを採用しています。

座席の基本情報

ビジネスクラスの座席配列は1-2-1

搭乗時点で既に枕などのアメニティセットが座席に用意されていました。

サイドテーブル

STAGGEREDタイプはCRADLEタイプと違ってサイドテーブルが充実しています。

サイドテーブルのところに、リクライニング用のボタン

コントローラー

可動式パーティションシート

さて、待ちに待った可動式パーティションシートです。

パーティションを閉じた状態

完全に開けた状態

これだと良くわからないので、座った状態でパーティションのありなしでどの程度隣の人の見え具合が変わるのかチェックしてみました。

パーティションが完全に閉じた状態

隣の人は完全に見えません(スマイルマークで隠しているのは、斜め前方の窓側席に座っている人です)。

完全に開いた状態

子供が良く見えます。

パーティションを完全に開けた状態では、子供のヘルプをすることができました。簡単な会話はできると思いますが、がっつりした会話をするとなると周りの人の迷惑になってしまうかもしれません。”適度な距離”という感じでしょうか。

わが子は「窓側席に座りたかった」と言っていました (涙)

機内食

機内食は大人用と子供用がありました。

機内食(大人)

ワンプレートで提供してもらえます。とても美味しかったです。

機内食(子供)

こちらもワンプレートで提供されました。かなり豪華です。。。

まとめ

NH860便のビジネスクラスはSTAGGEREDタイプでした。

STAGGEREDタイプは基本的にはほぼ個室状態になってしまいますが、可動式パーティションシートだと隣の人の様子を簡単に確認したりお話をしたりすることができました子供連れやご夫婦の場合は、大変お勧めなシートだと思いました。

マイルの金額換算

東京/香港路線のビジネスクラスは往復40,000マイル必要です(子供も一緒)。

予約時のビジネスクラス運賃を調べてたところ、大人164,000円、小児123,000円でした。

つまり、大人だと約4.1円/マイル、子供だと約3.1円/マイルですね。

インターネットで調べてみると、マイルの価値は2-5円くらいと言われているようですので、換算的にはいい使い方だったのではと思います

行きはNH809便(成田~香港)

こちらのビジネスクラスのシートはANA BUSINESS CRADLEと呼ばれる「ゆりかご(Cradle)」タイプでした。

搭乗記はこちら

香港旅行を選んだ理由

香港を選んだ理由は、比較的ビジネスクラス特典航空券が取れやすい路線と思ったからです(マイルの有効期限が近づいていました)。ちょうどビジネスクラスが空いていたため、勢いでビジネスクラスを予約しました。

香港はビジネスクラスの特典航空券が取れやすいと思います。

例えば、3月の調査の記事はこちら

7月調査

マイルの有効期限を迎えそうな方は、“ANAビジネスクラスで行く香港旅行”はいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする