【平会員でも希望はある】ANA平会員でもビジネスクラス特典航空券を4席以上確保できる場合があるという事実

インターネットでANAのビジネスクラス特典航空券の空き状況について調べてみると、「ANA平会員ではビジネスクラス特典航空券は2人までしか予約できない」とか「ANA平会員ではビジネスクラス特典航空券を2席までしか確保できない」とか「ANAプラチナ会員やSFC会員にならないとビジネスクラス特典航空券の空きが3席以上開放されない」というような趣旨の情報があることに気づきました。

乱暴な言い方をすると、「ビジネスクラス特典航空券を4席欲しければプラチナ会員以上になるしかないよね」という感じですかね。

しかしながら、自分のこれまでの調査によると、ANA平会員でもビジネスクラス特典航空券の空き(直前枠の開放)が4席以上認められる事例が複数ありました

以下、具体的に説明しますね。

1/10東京発、1/16ロンドン発のスケジュール

4人

まずは4人。ばっちり空席があります。ここで、【「ANA平会員ではビジネスクラス特典航空券は2人までしか予約できない」とか「ANA平会員ではビジネスクラス特典航空券を2席までしか確保できない」とか「ANAプラチナ会員やSFC会員にならないとビジネスクラス特典航空券の空きが3席以上開放されない」】という説は否定されます

5人

お次は5人。残念ながら行きはスカンジナビア航空になってしまいました(それでもビジネスクラスです)。帰りはANA直行便です。

なお、行きはフランクフルト経由(ルフトハンザ航空ビジネスクラス)も空きがありました。

羽田/フランクフルトのルフトハンザ航空ビジネスクラスは昨年搭乗することができました。

ルフトハンザ航空のビジネスクラスはANAビジネスクラスと異なり、シートが半個室タイプではありません。家族旅行には適したシートだと思います。

イギリスの航空サービス格付け会社Skytraxによると、ルフトハンザ航空は、2018年の「世界で最も素晴らしいビジネスクラス」ランキングで、世界で8位、欧州で1位です。

6人

うーん、残念。6人だとANA便がなくなってしまいました。

しかし、ルフトハンザ航空であれば、往復ともにビジネスクラスが空いています。

1/10東京発、1/16パリ発のスケジュール

他の路線でも調べてみました。人気のパリです。

4人

パリ便もロンドン便と同様に、ANA便に空きがありました。

5人

お次は5人。残念ながら行きはスカンジナビア航空になってしまいました(それでもビジネスクラスです)。帰りはANA直行便です。

なお、行きはフランクフルト経由(ルフトハンザ航空ビジネスクラス)も空きがありました。

6人

こちらも残念。6人だとANA便がなくなってしまいました。

しかし、ルフトハンザ航空であれば、往復ともにビジネスクラスが空いています。

プラチナ会員の場合

上記2路線について、プラチナ会員で空き状況を調べてみました!

その結果、

ANA平会員と同じ席しか空いていませんでした。行きのANA便の空きが5席になるとか、帰りのANA便の空きが6席になるとか、ANA平会員よりも空席が多くなるということはありませんでした。

つまり、ANA平会員もプラチナ会員も同じということです。

他の調査時期

夏休みでもビジネスクラス特典航空券の空きが4席認められた路線(欧米東南アジア)がありました。

クリスマス前後は多くの路線(欧米)で4席空きがありました。

欧米でクリスマスを過ごすのは楽しいそうです(←妄想)。

結論

ということで、ANA平会員でもビジネスクラス特典航空券4席以上確保という希望は持てると思いました

ハワイ路線ではビジネスクラスの特典航空券を確保することは非常に難しいですが。

プラチナ会員になったとしても、ハワイ路線ではビジネスクラス特典航空券を取得することは難しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする