ANA:プラチナでもハワイ路線の直前枠開放は難しい。ビジネスクラスとプレエコの空き状況比較

久しぶりにANA平会員vsプラチナ会員の直前開放枠を比較してみました。

路線は人気の東京/ホノルル路線です。いつもはビジネスクラスだけですが、7月という夏休みシーズンが始まりましたので、プレミアムエコノミーもついでに調べてみました!

調査対象期間は2019年7月31日まで。

人数は2人です。

調査日は2019年7月1日です。

その結果。。。。

ビジネスクラス

ANA平会員

空きゼロ

プラチナ会員

こちらも空きゼロ (涙)

プレミアムエコノミー

ANA平会員

行き:7/5, 7, 8, 9, 10, 11で空席あり

帰り:7/8, 9, 11で空席あり

プラチナ会員

行き:7/5, 7, 8, 9, 10, 11で空席あり

帰り:7/8, 9, 11で空席あり

あれ、ANA平会員と全く同じ空席状況でした。

まとめ

・プレミアムエコノミーであれば空きが期待。ただし、今回の調査ではプラチナ会員による枠増加は確認できなかった。

・プラチナ会員でもハワイ路線ではビジネスクラス直前枠開放を期待するのは難しそう。

関連記事

東京/ホノルル間のANA平会員ステータスでのビジネスクラス直前枠開放調査を毎月実施しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする