【ご参考】2020年SFC修行向け:羽田/那覇1日2往復でPP単価7.8~、羽田/石垣プレミアムでPP単価11.2~

さて2020年が始まりました。

2020年にSFC修行を行う人向けに(自分の備忘録も兼ねて)、SFC修行の王道と言われている、羽田/那覇路線と羽田/石垣路線のプレミアムポイント(PP)と単価を計算してみました。

羽田/那覇路線

安いスーパーバリュー55で計算しています。

羽田/那覇間はフライトが多いことから、1日2往復が可能です。2往復するさいに、一番安い(と思われる)フライトの組み合わせは。。。

ANA993(羽田6:40~那覇9:35、15,610円)

→ANA462(那覇11:30~羽田13:45、9,310円)

→ANA477(羽田15:25~那覇18:15、9,310円)

→ANA478(那覇20:55~羽田23:05、12,010円)

と思われます。

合計金額は、46,240円。

PPは2往復で5904PPですので、単価は7.8 PP/円。

8日間チャレンジすれば47,232PPになります。あとちょっとどこかのフライトでプラチナ会員になれます。

羽田→那覇

那覇→羽田

羽田/那覇路線で、プレミアムクラスで1回当たりの取得PPを高くする方法もありますが、PP単価が良くないです。

プレミアムクラスだと片道2860PP。2往復すれば11,440PP。4日間のチャレンジで45,760PP取得できます。

プレミアムクラスの価格は約3万8千円~ですので、PP単価は13.4円/PP~になります。エコノミークラスの時の約2倍に跳ね上がってしまいます。

単価は気にしないで、1日に多くのPPを稼ぎたい人向けですね。

羽田/石垣路線

こちらは1日2往復のフライトがありますが、フライトスケジュール上、1日1回が限界です。

羽田/石垣路線の魅力はプレミアムクラス利用時に取得できるPPが高いこと、そして、PP単価がプレミアムクラスの中で最も良いことが挙げられます。

プレミアムクラスのPP:往復6,920PP(羽田/那覇路線のエコノミークラス2往復よりも取得PPが良いです)

プレミアムクラスのPP単価:2020年3月搭乗だと価格が39,790円ですので、PP単価は11.5円/PP。2月分はほとんど空席がないのですが、PP単価は11.2円/PPです(価格はちょっと安くなっていて38,890円)。羽田/那覇路線と比較すると良い単価だと思います。

まとめ

1日で多くのPPを稼ぎたい方は、羽田/那覇路線プレミアムクラスを2往復

最安単価で多くのPPを稼ぎたい方は、羽田/那覇路線エコノミークラスを2往復

1日1往復で済ませたい方は、羽田/石垣路線プレミアムクラス(1往復)

SFC修行向け観光記

日帰り石垣旅行

ANA089(羽田06:10-石垣09:45)→ANA092(石垣15:45-羽田18:15)で日帰り旅行しました。帰りはANA090(12:30 – 15:10)でもいいですが、せっかくですので観光してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、ANA090だとANA089と同じCAさんになるそうです。

那覇空港内でも十分に沖縄を味わえます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする