シェラトングランデトーキョーベイ:子供の寝相対策ばっちりなベッド配置、パークウィングに4人泊

シェラトングランデトーキョーベイに家族4人(子供2人)で宿泊しました!

今回宿泊した部屋はパークウィングです。

シェラトングランデトーキョーベイ基本情報

マリオットグループのホテルです。

東京ディズニーリゾート®・オフィシャルホテルになっているため、利用者の多くはディズニー利用者かと思われます。

アクセス:電車

電車の場合は、ディズニーリゾートライン ベイサイド・ステーションから徒歩1分(←公式サイト。シェラトングランデトーキョーベイの敷地内に入るのはベイサイド・ステーションから徒歩1分かもしれませんが、敷地に入ってからホテルまで徒歩3分くらいはかかると思います)

駅のロータリーには各ホテル行きの無料シャトルバスのバス乗り場があります。そのバス乗り場の向かいにあるのがシェラトングランデトーキョーベイ。

道路を渡ればシェラトングランデトーキョーベイの敷地内です(←ここまでは徒歩1分)。

しかし、敷地内に入ってからホテルまでちょっと歩きます(フロントは2階にあるため、坂を上る必要があります)。

無料シャトルも利用可能です。

ベイサイド駅からホテルまでの無料送迎バスはディズニー仕様ですモノレールに乗ってきたお客さんが揃ってからバスは出発します。モノレール2本分が到着してからホテルに出発しているようですので、場合によっては次のモノレールのお客さんが揃うまでバス内で待つことになります。

車内ではミッキーマウスのアナウンスが流れます。息子はこのバスがお気に入りです(徒歩でホテルに行こうとは絶対にしませんでした)

アクセス:車

ホテルの西側にある建物が駐車場です(赤丸で囲ったところ)。

駐車料金は一泊あたり 3,100円。チェックアウト日 13:00以降は60分毎に520円かかります(レイトチェックアウトの場合はチェックアウト時間まで適用)。

マリオットボンヴォイのゴールド会員の場合は、駐車料金として3,100円かかってしまいますが、チェックアウト日は終日追加料金がかかりません。なので、チェックアウト日にディズニーを利用する場合は、そのままホテルの駐車場に車を停めておいても追加料金はかかりません。とても便利です。

チェックイン

フロントは2階になります。

無料シャトルバスはホテル2階に停車しますので、そのままフロントに直行できます。

駐車場利用または舞浜からの無料シャトルバスの場合は1階になりますので、ホテル内でエレベーター等を利用して2階に上る必要があります。

ホテル内には通常のチェックインカウンターの他に、チェックインカウンターの向かい側にマリオットボンヴォイ会員専用のチェックインカウンターがあります。”Marriott Bonvoy”と書かれた衝立の奥の部屋が専用チェックインカウンターです。

ただし、専用チェックインカウンターは2つしかありません。そのため、混雑しているようでしたら通常のチェックインカウンターに並ぶのもありかと思います。専用チェックインカウンターは座席が用意されているため、座った状態で手続き可能です。

以前はゴールド会員以上が利用できるチェックインカウンター(スタンドタイプ)でしたが、今はステータスランクに関係なくマリオットボンヴォイ会員であれば利用できます。そのためかどうかわかりませんが、専用チェックインカウンターはかなり混雑していました。

フロント階にはテレビゲームがあったり(密回避のために、電源が入っているのが1つおきになっていました)、プレイエリアが用意されてたり(ディズニービデオが放映)しているので、子供たちはチェックイン手続きを待っている間はそのあたりで時間をつぶすことができます。

宿泊部屋はパークウィング

お部屋は角部屋のパーク側を用意していただきました。

ゴールド会員ということで、部屋のグレード自体のアップグレードはありませんでしたが、同グレード中では景色が良い部屋を手配してもらえたのだと思います。

パークウィングの特徴

リゾート感溢れる洗い場付き客室

パークウイングは、豪華客船が寄港する南国のシーサイドリゾートをイメージ。ご滞在のフロアによって異なる、新鮮な心地よさをお楽しみいただけます。さらにゆったり寛げる洗い場付きのバスルームや、お部屋での楽しみの幅を広げるマルチメディアハブを全室に採用し、快適なステイをサポートいたします。

※フロアごとに4つのテーマカラーがございますが、ご予約時、フロア(カラー)や眺望をお選びいただくことはできません。
フロア:PARK WING棟 M2~10階
ベッド幅: 120 cm × 2台 97cm × 1台
バスルーム:洗い場付き

公式HPから抜粋)

2016年に新設されたPARK WING棟のお部屋になります。新設されてまだ4年しか経っていないため、フロアや部屋がキレイでした。本館(レセプション等)から若干歩きますが、キレイな部屋でとてもよかったです。

部屋の様子(HPから抜粋)

ベッドガードをお願いしたところ、子供の寝相対策で3つのベッドをくっつけていただけました

子供(1人目)を真ん中のベッドに眠らせておけば、ベッドの横から落ちることはありません。真ん中のベッド(エキストラベッド)は他の二つと比較してベッドが若干低いため、よほど寝相が悪くない限りは、他のベッドへ侵入してくることもないでしょう。

さらに、もう片方のベッドは壁にくっつけて配置してありました

もう一人の子供は壁側に寝かせておけば、ベッドから落下する心配はありません。

ベッドガードを用意していただきましたが、窓側ベッドに子供が寝ない限りはベッドガードは不要だったかもしれません。

子供利用者が多いホテルですから、子供の寝相対策はばっちりできていますね。本当に助かります。

壁の鏡にはブランドをかけることが可能です。

テレビ(43インチ)&デスク

空気清浄機を用意していただきました。あと、写真に撮っていませんが、加湿器も別途用意していただきました。

ミネラルウォーターとケトルなど。シェラトングランデトーキョーベイは”いろはす”ですね。

ティーバッグやインスタントコーヒー

冷蔵庫は空っぽ

クローゼットには、貴重品ボックスやスリッパなど。子供用スリッパも用意していただきました。

浴衣。子供用パジャマはワンピースタイプ。

バスルーム

洗面台とトイレが一緒になっていますが、洗い場(お風呂)は独立しています。

洗面台

アメニティは”le grand bain”。いい香りです。子供用歯ブラシもあります。

お風呂。トイレ/洗面台とは独立しています。洗い場と浴槽があるのがいいですね。子連れだと洗い場と浴槽があるのは大変便利です。

シャンプー等は備え付けになっています。

パーク側と言えども、外の景色は工事現場がメインです。。。

ディズニーモノレールは良く見えます。下の子が電車に夢中なので、ディズニーモノレールが通るたびに喜んでいました。遠くにはディズニーシーの火山が見えますね。

夜は部屋からディズニーの花火が良く見えました。パーク側ルームの醍醐味だと思います。子供も大人も大喜び。

シェラトングランデトーキョーベイでの過ごし方

ディズニー以外でも、シェラトングランデトーキョーベイはホテル内の遊びが充実しています。

屋内プール

(ホテルHPから抜粋)

ホテルには広い屋内プールがあります。宿泊者は無料で利用できます。幼児用プールもありますので、小さいお子さんもプールで楽しめます。

水温が温かめなのもいいですね。自分はいくつかホテルのプールを楽しんでいますが、たぶんシェラトングランデトーキョーベイのプールが一番水温が高いような気がします。

ジャグジーもあります。

舞湯

(ホテルHPから抜粋)

シェラトングランデトーキョーベイには大浴場があります。のんびりとお風呂に入って一日の疲れや室内プールの疲れを癒すことができます。我が家は室内プール→舞湯の流れです。

ただし、屋内プールと違って、舞湯は有料になります(13才以上:1,100円 / 4-12才:780円)。

舞湯を利用する際には、オアシスパスを購入するのもアリです。オアシスパスがあればチェックアウトまで何回でも利用可能です。

オアシスパスの料金は、宿泊者は13才以上 1,700円で4-12才 1,300円になります(ビジター13才以上 2,700円、4-12才 2,100円)。舞湯を2回利用(チェックイン日の夜とチェックアウト日の午前中にそれぞれ利用)するだけで元が取れてしまいます。

屋内プールや舞湯の詳細についてはこちらの記事も

トレジャーズ!アイランド

屋内遊び場ですね。

オアシスパスはトレジャーズ!アイランドも利用できるようになりますので、小さいお子さんには良いかもしれません。

ボールプール等があって、小さい子はハマってしまうと思われます。

ペントンゴルフ

パターゴルフを楽しめます。

料金は600円。レシートがあれば当日中は何回でも楽しめますこちらはオアシスパスの対象外

(ホテルHPから抜粋)

わが子は結構楽しんでましたね。ちゃんとスコアカードをもらえます。裏面にはゲームルールがしっかり描いてありました。

ゲームセンター

メダル10枚やクレーンゲーム1回体験チケットをホテルからもらえました。

さっそく挑戦

マリオットボンヴォイ会員の子供にはアイスプレゼント

15時~17時の間で子供(12歳以下)はアイスがもらえます。

場所はオアシス(屋内プール&舞湯)受付の隣です

カップアイスです。バニラとチョコレートから選択。子供は美味しそうに食べてましたね。

The Shop@Sheraton

コンビニみたいな感じですが、食べ物で扱っているのは軽食(おにぎりやカップ麺、お菓子等)になります。お弁当等の朝ごはんや夜ご飯になりそうなものは販売していません。

お店入ってすぐにカップ麺。奥の冷蔵庫におにぎりやドリンクがあります。小腹を満たすには良いですね。おにぎりは1個160円でした。飲み物もホテル価格でペットボトルが190円前後です。

ちなみに、シェラトングランデトーキョーベイから徒歩5分くらいにあるヒルトン東京ベイには(ちゃんとした)コンビニがあります(生活彩家です)。

こちらは普通のコンビニですので、おにぎりだけではなく、お弁当や麺類なども販売しています。

コンビニを求めてヒルトン東京ベイまで歩いて行ってもいいかもしれません。いい運動になると思います(笑)

レイトチェックアウト

マリオットボンヴォイのゴールド会員ということで14時チェックアウトでした。ゴールド会員は”最大14時までのチェックアウト”の特典がもらえるのですが、たいていは最大の14時までレイトチェックアウトが付きますね。

まとめ

今回はパークウィングに宿泊しました。4年前に新築された棟ということで設備等がキレイでした。ベッドが子供対策に準備されていて良かったです。

我が家はシェラトングランデトーキョーベイに宿泊するときは、チェックイン日またはチェックアウト日のどちらかでディスニーに行くことが多いのですが、シェラトングランデトーキョーベイ内は遊びが充実しているため、ディズニーに行かない日も十分に楽しむことができるのでお勧めです

シェラトングランデトーキョーベイ宿泊記

シェラトンクラブルームに宿泊

withコロナ時代のオアシス

シェラトングランデトーキョーベイにお得に泊まるワザ!

シェラトングランデトーキョーベイなどのマリオットグループのホテルにお得に宿泊したい方には、SPGアメックスカードがお勧めです!!

(SPGアメックスカードHPから抜粋)

最大のメリットは、SPGアメックスカードを保有することで、世界最大ホテルチェーンであるマリオットのゴールド会員に自動的になれることができる点です(通常は年間25泊必要)。

ゴールド会員の特典としては、例えば、14時までのレイトチェックアウト部屋のアップグレード、カード決済時の25%ボーナス無料宿泊特典(←継続特典)があります。

悩みどころは年会費は31,500円(税別)という高額な点です。

それに対しては、2年目以降は継続特典としてホテル無料宿泊特典がついてきます。この特典で最大11万円相当のお部屋に宿泊できます(その他にも、5万円前後のお部屋に宿泊することが可能)ので、年会費の元は十分に取れます。

無料宿泊特典で年会費の元が取れるかどうか調べてみました。

注意点が1つあります。

残念ながら、入会時にはホテル無料宿泊特典はついてきません。しかし、紹介者経由だと最大39,000ボーナスポイントがもらえます(3か月以内に10万円以上のカード決済)。そこからさらに34,000円程度のカード決済をすれば合計40,000ポイントまで貯まりますので、そのポイントで最大6万円のホテル(2万~6万円程度)に無料で宿泊できます!

そのため、紹介者を経由してSPGアメックスカードを発行すると、比較的簡単に初年度年会費分以上のお部屋に宿泊することが可能です。

このようにマリオットグループのホテルを利用される方にとって、SPGアメックスカードは大変お得です。周りにSPGアメックスカード保有者がいらっしゃればその方から紹介してもらうのが良いと思いますが、もし周りにいらっしゃらないようであれば私から紹介することもできます。こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください(24時間以内にご返信いたします)。またはご友人としてこちらから申し込むことも可能です。

自分はマリオットヘビーユーザーではありませんが、無料宿泊特典があるためSPGアメックスカードをなんとなく持っています。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする