【プラチナ/SFC修行僧への悲報?】東京/ハワイ路線の直前枠ビジネスクラス特典航空券の取得しやすさは、ANA平会員とプラチナ会員でほとんど差が無いという悲しい独自調査結果

ANAプラチナ会員の特典の一つとして、特典航空券の予約が取れやすくなる点が挙げられています。そして、この特典を期待してプラチナ/SFC修行を行っている人がいるでしょう。

ということで、実際にどれくらい取れやすくなるのか、人気の東京/ホノルル間で検証してみました

調査方法

11月毎週1回、東京/ホノルル路線のビジネスクラス特典航空券の空席がある日を調査しました。

調査結果

調査日 ステータス 行き 帰り
11/10 平会員 11/19(4席) 11/28(3席)
プラチナ会員 11/19(4席) 11/28(3席)、12/3(2席)
11/15 平会員 空席なし 空席なし
プラチナ会員 空席なし 空席なし
11/21 平会員 空席なし 空席なし
プラチナ会員 空席なし 空席なし
11/28 平会員 12/3 (4席), 11(3席) 12/5 (4席), 6(3席), 7 (3席)
プラチナ会員 12/3 (4席), 11(3席) 12/5 (4席), 6(3席), 7 (3席)

プラチナ会員のみで空席が認められたのは、11/10調査の帰りフライト1便(12/3ホノルル発)だけでした

11/15, 21の調査に関しては、プラチナ会員も”空席なし”

平会員で多くの空席が認められた11/28調査に関しては、プラチナ会員による空席の上乗せはありませんでした

解釈/考察

私的解釈

ということで、今回の調査結果からは、東京/ハワイ路線のビジネスクラス特典航空券の取れやすさは、プラチナ会員でもほとんど平会員と差が無いと思います

「プラチナ会員になれば、人気の東京/ハワイ路線だってビジネスクラス特典航空券が取れるようになる!」という期待は、残念ながら今回の調査結果では支持されておりません。

裏を返せば、「東京ハワイ路線のビジネスクラス特典航空券のみを狙うのであれば、プラチナ/SFC修行は不要である」ということを支持している調査結果とも読めます。

プラチナ会員はすごいぜという立場から解釈

平会員と比べて、プラチナ会員は11/10調査日で12/3に空きがあったことから、やっぱりプラチナ会員になるとハワイに行きやすくなると思われる。

皆さんはどのように解釈しますか?

解釈方法は人それぞれです。

補足

今回の調査結果は週1回の定点観測に基づくものです。

毎日調査した場合やキャンセル待ちを狙う場合では、もしかしたらプラチナ会員の方が空席に出会う可能性は高いのかもしれません。あくまでも今回の調査方法/調査範囲では、差がほとんどなかったと私は考えているいうことですので、この点はご承知おきください。

感想

正直悲しい結果でした。

少しくらいはプラチナ会員によるメリットが見えると期待していました。

ハワイ以外の路線も調べてみようと思います。他の路線であればプラチナ会員によるメリットが見いだせるはず・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする