【続報】GO TOトラベルキャンペーン:マリオットやヒルトンの直接予約は対象になる?

さて、7/22から始まったGO TOトラベルキャンペーンですが、キャンペーンの適用を受けるためには、観光庁資料QAによると以下となっています。

①その旅行商品がGo Toトラベル事業の支援対象である こと、及び②その旅行商品を販売する旅行業者(宿泊商品であれば宿泊事業者)が今後本事業の参加事業者登録を受けること、の 要件を充たすことが必要。

(観光庁資料から抜粋)

7/20現在の状況について、7/20に記事にしてます。

マリオット、ヒルトンともに、未確定でした。

7/21に政府主催で説明会等が開催されたようですが、それ以降進捗があったのかどうかHPレベルで調べてみました(7/27現在)。

マリオット

マリオットホテル修善寺&マリオット軽井沢はともに参加条件を満たしているようで、参加申請を行う予定とのことです。同じようなテンプレートが使用されているようですね。

当ホテル は「Go To トラベルキャンペーン」への参加条件を満たしておりますで、「Go To トラベルキャンペーン」への参加申請を行う予定です。対象 商品 ・予約方法等は追ってご案内を申し上げますので、今ばらくお待ちださい。

(両ホテルHPから抜粋。7月22日更新)

詳細は公式HPから。マリオットホテル修善寺&マリオット軽井沢

マリオットオキナワリゾートを調べてみましたが、HP上にはGO TOトラベルキャンペーンに関する記載を見つけられませんでした。

また、リッツカールトン(日光&沖縄)も、HP上にはGO TOトラベルキャンペーンに関する記載を見つけられませんでした。

ヒルトン

ヒルトン東京ベイでは「重要なお知らせ」のところに、

■「Go To トラベル キャンペーン」のご利用について
現在キャンペーン内容について、詳細確認中です。キャンペーンへの参画については、改めて本ページにてお知らせいたします。

(HPから抜粋)

と掲載されていました。

詳細はHPでご確認ください。

ヒルトン沖縄北谷リゾートでは、参加申請している旨まで記載されています。

GO TOトラベルキャンペーンについて
ヒルトン沖縄北谷リゾートは、国が提示する参加条件(感染拡大防止策)などを満たしており、当事業への参加申請を行っております。
参画事業者として正式に登録された際には当サイト上にて改めてお知らせいたします。

(HPから抜粋)

詳細はHPで。

旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトンやコンラッド大阪を調べてみましたが、HP上にはGO TOトラベルキャンペーンに関する記載を見つけられませんでした。

まとめ

マリオット、ヒルトンともにGO TOトラベルキャンペーンに向けて進めているような感じがあります。これらのホテルに宿泊しようと考えている方は、HPで適宜チェックするといいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする