羽田国内線第二ターミナル:「POWER LOUNGE」と「AIRPORT LOUNGE」の違いを検証!

羽田空港国内第二旅客ターミナル(ANAなど)には、所定のクレジットカードで無料で利用できるラウンジが3つあります。

それは、「POWER LOUNGE」と「AIRPORT LOUNGE(北)と(南)」です。

今回は、「POWER LOUNGE」と「AIRPORT LOUNGE(南)」のラウンジの違いをまとめてみました!!

POWER LOUNGE

場所

51と52の間くらいにエスカレーターがありまして、

エスカレーターを登った反対側にラウンジがあります。

営業時間

6:00~21:30

料金

1名 1,080円 (4歳~12歳 540円、0歳~3歳 無料)

ただし、以下のカードを持っている人は無料で利用できます。

ダイナースクラブ(ダイナースクラブ)

Visaカード(Visaプラチナカード、ゴールドカード)

アメリカン・エキスプレス(アメリカン・エキスプレス(ブルーカード、一部法人カード、提携カードを除く全カード。)

JCBカード(JCB ザ・クラス、JCB ゴールド、JCB ゴールドEXTAGE、JCB ネクサス、JCB ビジネスカード)

UCカード(ゴールドカード、ヤングゴールドカード

MUFGカード(プラチナ、ゴールドプレステージ、プレミオ)

DCカード(DC ゴールドカード、DC ゴールドカードヴァン)

Nicosカード(ゴールドカード、プレミオ)

Oricoカード(ザ・プラチナ、ザ・ゴールド、ゴールドアプティ、ザ・ワールド)

ライフカード(ライフカードゴールド、ビジエンス・ビジネス、カードゴールド)

ティーエスキュービック(ゴールドカード、レクサスカード)

楽天カード(楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード、楽天ゴールドカード)

エポスカード(エポスプラチナカード、エポスゴールドカード)

イオンカード(ゴールドカード)

MIカード(三越 M CARD GOLD、MICARD GOLD、伊勢丹アイカードゴールド)

アプラスカード(World Elite Mastercard、World Mastercard、Gold Card)

ジャックスカード(ジャックスカードゴールド)

このうち、AMEXについては同伴者も1名無料で利用できます。子供がいるときにはAMEXカードが便利ですね。

ラウンジの様子

一言でいうと、おしゃれ、です

開放的な雰囲気です。ヒノキのテーブルがあって、おしゃれなカフェ感覚です。

奥にはソファー席もあります。

座席は電源完備です(USB電源もあり)

ドリンク&朝食

コーヒーはもちろん

定番のオレンジジュースだけでなく黒酢ジュースもあります。健康系飲み物が豊富です

さらに青汁(豆乳入り)も。豆乳入りなので、飲みやすかったです。

ちなみに飲むときに、黒の栓は外してはダメです。黒の栓のわきが開いているので、そのまま瓶を傾ければOKです。

朝食時間はクロワッサン。さくさくしてとても美味しかったです。

アルコールは有料です。

ラウンジからの景色

窓枠が少ないため、外の景色が良く見えます

AIRPORT LOUNGE(南)

場所

搭乗ゲート65を越えたところにあります。

営業時間

6:00~20:00

料金

1名 1,080円 (4歳~12歳 540円、0歳~3歳 無料)

利用が無料になる提携クレジットカードはPOWER LOUNGEと一緒です。

ラウンジの様子

ザ・空港ラウンジという感じです。黒を基調としたラウンジですね。

POWER LOUNGEよりも狭い印象です。

ドリンク&朝食

コーヒーはもちろん、コーラ、ウーロン茶、REAL GOLDなどがあるジューススタンドもあります。

果物ジュースもあります。

朝食はBAGEL & BAGELのベーグルです。

ラウンジからの景色

窓枠が入ってしまいます。

まとめ

個人的なコメントですが、、、

POWER LOUNGE向き

おしゃれな雰囲気が好き

健康的な飲み物がほしい(黒酢ジュース、青汁)

クロワッサンが好き

AIRPORT LOUNGE(南)向き

コーラやREAL GOLDが飲みたい

ベーグルが好き

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする