ヒルトン東京お台場宿泊記②:ダイヤモンド会員のおかげで2段階アップグレード

ヒルトン東京お台場に宿泊してきました!

ヒルトン東京お台場へのアクセス

電車の場合

・新交通ゆりかもめ「台場駅」直結

・りんかい線 「東京テレポート駅」 徒歩約10分(無料シャトルバスあり)

台場駅の改札からホテル入り口まで徒歩2分くらいです。

ホテル入り口

車の場合

高速11号台場線:台場出口から 約3分

高速湾岸線:臨海副都心出口から 約3分、有明出口から 約4分

高速10号晴海線:有明出口から 約4分

今回は車で行きました。

駐車場はホテルの地下にあります。駐車場は、ホテルの海側の道路から入ることができます(下図の赤丸あたりです)

駐車料金は1泊1,600円。

ヒルトン東京ベイとは異なり、ダイヤモンド会員でも1,600円です(無料にはなりません)。チェックインまたはチェックアウト時に駐車券をホテルスタッフに提示すると、サービス券を発行してくれます。

部屋

ダイヤモンド会員の特典として部屋のアップグレード(1ベッドスイートまで)があります。

予約時はヒルトンゲストルームでしたが、スーペリアデラックスにアップグレードしてもらいました

部屋のランクとしては、

・ヒルトンゲストルーム←予約時

・デラックス

・スーペリアデラックス←実際の部屋

・プレミアムデラックス

・エグゼクティブ

・プレミアムエグゼクティブ

・1ベッドスイート

の順ですので、今回は2段階アップしたことになります。

ちなみに、前回は、スーペリアデラックスを予約してプレミアムエグゼクティブにアップグレードしてもらいました。

部屋の様子

テレビ

ベッド

お部屋にはべランドが付いています。ベランダからの景色はきれいで風がとても気持ち良かったです。ベイエリアのホテルでベランダが付いているのはとてもいいですよね。

部屋の広さ自体は、プレミアムエグゼクティブもスーペリアデラックスも同じ40m2です。

子供用アメニティ。スリッパ、歯ブラシ、パジャマ

子供用アメニティはホテル公式HPに記載されていますので、宿泊前に確認しておくと良いとです。事前に連絡しておくと、お部屋に事前に用意してもらえます。アメニティリストを見るといろいろなものを用意してもらえそうですね

パジャマはワンピースタイプなので、ズボンはありません。

ケトルなど。プレミアムエグゼクティブとは違って、ネスプレッソはありません。

(カップラーメンが写真に写っていますが、それらは有料です)

コーヒーはインスタント。紅茶ブランドはプレミアムエグゼクティブと同じです。

ウェルカムスイーツはマカロン&みかん。子供がこのみかんが大好きですね。

パジャマ。スーペリアデラックスにはバスローブはありません。

スリッパ

洗面スペース

アメニティはヒルトン定番ブランドである”VEBBENA and LAVENDER”

お風呂。プレミアムエグゼクティブとは違って、ベッドルームは見えません。

化粧水は部屋においていないため、リクエストしました(無料でもらえます)。

KOSE QUEST。化粧水/乳液/クレンジングの3点セットです。

窓からの景色

レインボーブリッジと東京タワーがとてもきれいでした。

まとめ

ダイヤモンド会員特典により、ヒルトンルームからスーペリアデラックスにアップグレードしてもらえました。

お部屋からはレインボーブリッジや東京タワーがとても良く見えましたので、子供は大喜びでした。

他のヒルトン東京お台場宿泊記

前回の宿泊ではスイート手前のプレミアムエグゼクティブルームへのアップグレード

エグゼクティブラウンジ

ダイヤモンド会員は無料で利用できます。

プール

ダイヤモンド会員は無料で利用できます(ダイヤモンド会員以外の宿泊者は有料です)

朝食

ゴールド会員/ダイヤモンド会員は無料で利用できます

他のヒルトン系ホテル宿泊記

ダイヤモンド会員のアップグレード遍歴

コンラッド東京

withコロナ時代の過ごし方

ベイビュースイート

誕生日ケーキいただきました

ベイビューエグゼクティブ

ヒルトン東京

シティスイート

ジュニアスイート

ヒルトン東京ベイ宿泊記

セレブリオ(パーク側)

ファミリーハッピーマジックルーム(パーク側)

ファミリーハッピーマジックルーム(オーシャン側)

ヒルトン小田原リゾート&スパ

コーナー和洋室L

旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン

コートヤードスイート

コートヤードデラックス

ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城

和室スイートにアップグレード

ヒルトン沖縄北谷リゾート

ツインエグゼクティブ(テラス付き)にアップグレード

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする