ヒルトン東京ベイ:withコロナ時代の「ラウンジ・オー」での子連れ朝食ブッフェ

家族でヒルトン東京ベイに宿泊しました!

ヒルトン東京ベイでは、混雑緩和のために、朝食ブッフェが2か所のレストラン(フォレストガーデンとラウンジ・オー)で実施されています。

ホテルスタッフさんが言うには「どちらのレストランもメニューは変わらない」ということでしたので、今まで利用したことがないラウンジ・オーで朝食を摂ることにしました(フォレストガーデンが通常の朝食レストランです)。

基本情報

【場所】1階

ヒルトン東京ベイの真ん中あたりにあります(2つのエレベーターホールの真ん中に位置しています)。

【営業時間】6:30~10:00

ヒルトン東京ベイでは他のヒルトンと違って4歳以上から子供料金が発生します。

ラウンジ・オーの公式サイトはこちら

レストランの様子

エレベーターから見えます。

ピンクと水色がベースになっていて、かわいらしい感じです。

エレベーターホールを出ると、朝食レストランとしてフォレストガーデンとラウンジ・オーの案内が置いてありました。

入り口

ヒルトンオナーズ会員と非会員でレーンが分かれています。オナーズ会員のレーンはいつレストランの前を通っても並んでいる人はいませんでした(オナーズ会員の利用者は少ないのかもしれません)。

フォレストガーデンの入り口も会員と非会員で分かれています。こちらもオナーズ会員のレーンはいつレストランの前を通っても並んでいる人はいませんでした。

テーブルの様子。

ソーシャルディスタンス協力の案内が置いてありました。食べ終わって退席するときは、案内を裏返して退席します。

写真だとわかりづらいですが、「ヒルトンオナーズダイヤモンド会員」のタグがテーブルに置かれました(テーブル真ん中に置いてあるモノです)。

ヒルトンオナーズ会員は飲み物を選択できます。

コーヒー、カフェラテ、カプチーノ、チョコレート、紅茶、ジャスミンティー、エスプレッソの中から選択。

消毒済みのカトラリー

フード&ドリンク

新型コロナウイルス対応のために、料理を取る前に、アルコール消毒&使い捨て手袋があります。

夏休みにフォレストガーデンで朝食を食べたときは「使い捨てトング」がありましたが、今回はトングは各料理に共通使いまわしで用意されていました。

“使いまわし”といういうと悪い表現な気がしますが、いい表現が思いつかない。。。

真ん中のピンクテーブルに、パンやサラダ、フルーツ、グラノーラ、ヨーグルト、蕎麦、漬物系、ハム、チーズなどのコールド料理が配置されていました。

ピンクのテーブルがかわいい。。。

サラダ

パン。種類が豊富。

オムレツステーションも

オニオン、マッシュルーム、チーズ、ハムの4つから選択(全部入りも可能)。

ケチャップは個別包装タイプ

出来立てのオムレツを食べられるのは良いですね。“ホテルの朝食”という感じがします。

ホットミールも充実

他にもシュウマイ、焼き魚等もありました。

写真は撮れませんでしたが、キッズステーションもありました。

ワッフルポテト、チキンナゲット、マカロニサラダ、カレーなど、子供が好きなものが用意されていました。子供が好きそうなメニューが置いてあるのが、ヒルトン東京ベイの魅力の一つかと思います。

コロナ前にあったおにぎり系はありませんでしたね。

ドリンクは機械式。ミニッツメイド系のみ。

牛乳、豆乳、飲むヨーグルトはピンクテーブルにありました。

まとめ

コロナ前と比較するとメニュー数は減っているような気がしました。しかし、キッズステーションやオムレツステーションがあったり、多くの種類のホットミールやコールドミールがあったりしましたので、十分に満足できる朝食時間を楽しめました。

密を回避するためにレストラン会場を複数用意するなど、感染拡大防止対応に向けて努力している印象です。

ヒルトン東京ベイ宿泊記

セレブリオルーム

ファミリーハッピーマジックルーム(パーク側)

ファミリーハッピーマジックルーム(オーシャン側)

withコロナ時代のエグゼクティブラウンジ

withコロナ的屋外プール&お風呂(スパ内)

withコロナ的朝食ブッフェ(@フォレストガーデン)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする