マリオット軽井沢:withコロナ時代の子連れ温泉。全く密ではなかった!露天風呂は最高!

マリオット軽井沢に家族4人で宿泊しました。

マリオット軽井沢には宿泊者は無料で利用できる温泉(小瀬温泉)があります。

他にもノースウイングの客室内でのみ利用できる「塩沢温泉」もありますが、メインウイングの宿泊者はメインウイングにある小瀬温泉のみ利用できます。

まだまだ肌寒い春休みに小瀬温泉を利用しましたので、レポートします。

基本情報

【場所】B1階

【営業時間】6:00~10:00、15:00~24:00(宿泊者)

【泉質】アルカリ性単純温泉

【効能】神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、消化器病、痔疾冷え性、病後回復期、疲労回復 など

【日帰り利用】15:00~22:00

「小瀬温泉」は浅間山の標高1,150mあたりで湧出する湯で、泉質はアルカリ性単純温泉。“美肌の湯”とも呼ばれ、肌の不要な角質や毛穴の汚れを取ってくれる女性に嬉しい効能がたくさん。湯上がりがさっぱりするので、スポーツやアクティビティで汗を流した後などにもおすすめです。

ホテルHPから抜粋)

新型コロナウイルス対応のために、最大定員は男女各10名(子供含む)になっています。

また、2時間ごとにホテルスタッフさんが除菌清掃を行っています

脱衣所の様子

入り口の様子

右手側に女性風呂があります。

我が家は夜(20時ごろ)と朝(9時ごろ)に利用しました。

夜は他に1組いらっしゃいましたが、朝は誰もいませんでした。

ホテル自体は非常に混んでいましたが(駐車場はほぼ満車、朝食レストランも行列)、温泉は全く混んでいませんでした。

脱衣所の様子

ソーシャルディスタンスのために、脱衣かごが交互に設置されていました。

洗面所スペース

洗面台は1つおきで利用可能になっていて、アメニティは置いてありませんでした。

タオルに関して注意点があります。

お部屋又はフロントから持参する必要があります。バスタオル等は温泉に用意されておりませんので、必ず持参するのを忘れないようにしましょう。

使用後のバスタオルはお部屋に持ち帰ることになっています

チェックイン時にホテルスタッフさんから説明していただいておりましたし、チェックイン時に頂く”大浴場ご利用の手引き”にも同様の記載がありました。

上記写真のように、お風呂場にタオルは用意されておりませんし、タオル回収スペースも閉鎖されていました。

お風呂の様子

内風呂の様子

お湯は熱めでした。自分の子供は熱いお風呂が苦手なため、すぐにお風呂から出てしまいました

洗うところ

露天風呂もあります。

温泉は地下1階にあるため、”絶景を眺めながら”というわけではありませんが、外の風を感じながら温泉につかるのはとても気持ち良かったです。

露天風呂もお湯自体は熱めでしたが、外の気温が低いために、熱めの温泉が快適になりました。長い間お風呂に入っていられました。

熱いお風呂が苦手な子供も長い間露天風呂に入っていましたね

ホテルHPの画像はこちら

(ホテルHPから抜粋)

滝な感じが風情があって良かったです。

まとめ

露天風呂がとても気持ち良かったです。

宿泊者の人数の割には、温泉はガラガラでした。なので、“密”を気にせずに温泉を利用できると思いました。

軽井沢は買い物や自然アクティビティなどで体力を使用する機会が多いと思いますが、軽井沢マリオットには宿泊者が無料で利用できる温泉があるので、最高ですね。

マリオット軽井沢宿泊記

お部屋はスーペリアルームツイン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする