【本日発売】ANA:11時(プレミアム会員販売開始)と14時(通常会員販売開始)でGWの羽田/那覇区間のSUPER VALUEの空き状況の違いを調べてみたよ

本日(1月29日)から3月31日以降の国内線ANA SUPER VALUEとANA VALUEの販売が開催されました。

プレミアムメンバーは11時から販売が開始され、通常会員は14時から販売が開始されるということで、11時と14時の時点でゴールデンウイーク期間の羽田/那覇区間のSUPER VALUEの空き状況や価格がどれくらい変わるのか調べてみました。

11時販売開始時点

羽田発那覇着

4/27&4/28

両日ともに空席がほとんどありません。

4/29&4/30

4月30日から空席が目立ってきました。

1万円台のフライト(14時半発ANA475便)もあります。

5/1&5/2

5月1日も4月30日と同様に空席は多くあり、価格は1万円台も存在します。

5月2日は空席は多くあるものの、価格は上昇しています。

那覇発羽田着

5/1&5/2

5月1日、5月2日ともに空きがあります。

価格は2万円台からありますね。ただし、お昼のフライトからは3万円台に突入です。

5/3&5/4

5月3日から満席のフライトが急に増えてきました。価格も3万円台です。

5月4日は37,210円のフライトのみのようです。

14時時点

羽田発那覇着

4/27, 28, 29は11時時点と全く同じでした。なので、スクショは省略します。もともと高いフライトしか残っていない、かつ、夕方便しか空きがないため、11時~14時の間で4/27-29を狙う人は少なかったのかもしれません。

4/30 & 5/1

11時点でお得なフライトが残っていた両日です。

14時時点でも11時時点とほとんど変わっていません。若干値段が高くなったフライトが少しあるくらいです。

他の日

傾向としては4/30%5/1と同じで、若干値段が高くなったフライトが少しあるくらいで、11時時点と比較して大きな差は認められませんでした。

まとめ

14時だと若干値段が高くなっているフライトがあるものの、11時も14時も大きな差は認められないようでした。

ということで、プレミアム会員による早予約の恩恵はあまり大きくないのかもと思いました。羽田/那覇間には多くのフライトがあるため、わずか3時間の間で特定のフライトの価格が急騰したり、完売になったりする可能性は低いのではと思いました。

4月30日と5月1日羽田発が空席が多く、かつ、最も安い運賃になっておりますので、この日に沖縄旅行にでかけるのが良いと思われます。5月2日になると空席はあるのですが、値段が上昇していきます。

帰りの那覇発は午後便になるとどこも3万円台になっているようですので、いつ帰ってもそれほど価格は変わらなそうなイメージです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする