ヒルトン東京:マーブルラウンジで子連れ朝食!料理がおしゃれで充実。ヌードルバーも!

ヒルトン東京に宿泊しました。

ダイヤモンド会員は、マーブルラウンジまたは十二颯での朝食が無料になります(ダイヤモンド会員本人+同行者1名)。ビュッフェの方が子供が満足できるだろうと思いまして、マーブルラウンジを選択しました。
(ゴールド会員も朝食は無料になります)

[追記(2019年10月現在):十二颯での朝食はできなくなっています。マーブルラウンジのみです]

マーブルラウンジ基本情報

【場所】1Fロビーラウンジ

【営業時間】ブレックファスト:6:30~10:30(土・日・祝日~11:00)

【参考料金】ブレックファストビュッフェ:一人3,200円 子供(6~12歳)2,000円(税サ別)。消費税+サービス料(13%)込みだと、大人約3,900円、子供約2,440円になります。

レストランの様子

全体写真は撮れませんでしたが、公式HPからはこんな感じです

7時半ごろ到着しましたが、特に並ぶことなく案内してもらえました。レストラン自体は広いです。ただし、食べ終わったころ(9時ごろ)には案内待ちの行列ができていました。ヒルトンオナーズ専用レーンはなかったです。

レストランの奥はこんな感じ

そのバーカウンターでは、スムージーが置いてあります。

果物の種類がいっぱいです。

ドリンクの種類が豊富

定番の果物ジュースや牛乳系だけでなく、

Carrot & Appleとか、Spiach & Grapefruitとか、おしゃれなドリンクもありました。

ドライフルーツも豊富です。マンゴーやキウイフルーツ。ヨーグルトもすでにソースがのっているものも用意されています。

ヒルトン東京ではダノンヨーグルトが進出。他のヒルトン系ホテルでは明治のみでしたが、こちらではダノンが営業を頑張っているようです。

パンコーナー

サラダ

ハム&チーズ

ヒルトン東京にはヌードルバー(Noodle Station)があります。うどん、そば、麺から選択し、具材を選択すればOKです。あとはホテルスタッフさんが調理してくれます。麺好きのわが子はこればっかり食べていました。。。

中華がゆと具材。具材がいっぱい。

ホットミール

ソーセージやBakedハムを切り分けてもらえます。

もちろん、卵料理のライブコーナーはあります。

感想

自分がこれまで宿泊した日本のヒルトン系のホテル(コンラッド東京、ヒルトン東京ベイ、ヒルトン東京お台場)の中で、もっとも料理/ドリンクが充実していたと思いました。

ヌードルバーがありますので、ご家族に麺好きがいるようでしたらお勧めだと思います。

1泊もしないでゴールド会員を取得・維持できるクレジットカード(ゴールド会員は同行者1名まで朝食無料です)

1泊もしないでダイヤモンド会員を取得・維持できるクレジットカード(ダイヤモンド会員も同行者1名まで朝食無料です)

ヒルトン東京滞在記

部屋はシティースイート

他のヒルトンホテルでの朝食

コンラッド東京

おしゃれレベルや料理の質はおそらく一番かと。卵料理が最高に美味しかったです。

ヒルトン東京お台場

ヒルトン東京ベイ

キッズステーションがあり、子供用に特化している感じです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする