フィンランド旅行記⑤:ヒルトンヘルシンキエアポートの客室でプライベートサウナを堪能

ヘルシンキ空港(ほぼ)直結のヒルトンヘルシンキエアポートに宿泊しました!

https://hiltonhotels.jp/hotel/helsinki/hilton-helsinki-airport

ワンワールド系はヘルシンキ空港のターミナル2に到着するので、そのまま頭上案内図(「HOTEL Hilton」と記載)に従って進むだけです。

一方で、スターアライアンス系はターミナル1に到着してしまいますので、空港から出ずに、そのままターミナル2に向かって進む方が良さそうです。

客室(プライベートサウナ付)

アップグレードしてもらったようで、キングジュニアスイートのようでした。

リビングルーム

ベッドルーム

バスタブ&シャワーブース

ダイソンの扇風機(?)もありました(自分はダイソンに詳しくないので、間違っていたらすいません)

そして、なんといってもプライベートサウナ付き

入り口に温度調節スイッチがあります。10分くらいすれば利用できるくらい暖かくなりました。

ちなみに、プライベートサウナはスイートルームではなくても、例えば「キングゲストルームプラス」でも付いています。

朝食

1階にあるレストラン「グイ」で食べました。

ビュッフェ形式です。種類は豊富で、おいしかったです(写真だと種類が少なそうに見えてしまいますね・・・)。

スタッフが「Green teaはどう?」と聞かれたので、「Yes」と答えると、緑茶のティーバッグと一緒にスライスレモンと蜂蜜もくれました。現地の人は、緑茶にはレモンや蜂蜜がセットなのでしょうか。

市街地へは

フィンエアーシティーバスで行きました。

https://www.finnair.com/jp/jp/information-services/at-the-airport/transportation

ターミナル2出口のバスターミナルにとまっていて、”FINNAIR”のバスなので、一目で分かります。写真を撮り忘れましたが、まさに下の絵のような感じです(FINNAIRのHPから引用)

値段は以下の通りです。

(FINNAIRのHPから引用)

onlineで購入する場合と運転手から直接購入する場合とで0.1ユーロしか変わらないので、手続きの面倒さを考えて、運転手から直接購入することにしました。

バスに乗ると、運転手が「one way or return」と聞いてきて、その場で清算します(クレジットカード使用可)

市街地(ヘルシンキ中央駅)まで約30分でした(バスの中は無料wifiが利用可能でした)。

帰りはヘルシンキ中央駅西側バスターミナルで待ちます。バスターミナル手前で路上駐車しているFINNAIRバスを見つけたので、「乗ってもいい?」と聞いたら、「バスターミナルで待ってくれ」と言われてしました。

帰りは乗客がバスに乗るまでに15分くらい(大きい荷物をバス/荷物入れに入れるのに時間がかかる)、走っているのは30分くらいで、合計45分くらいかかりました。バスに乗る時間帯にも依りますが、市街地→空港への所要時間は多めに見積もった方がいいかもしれません。

こんな人にヒルトンヘルシンキエアポートがお勧め!

ヘルシンキ市街地はコンパクトにまとまっているため、一日あれば十分に観光できると思いました。空港から市街地までバスで30分程度ですので、朝から晩まで十分にヘルシンキ市街で観光しても、すぐに空港そばのホテルに戻ってくることができます。

フィンランド観光の際には、ヘルシンキ以外の都市も周る人が多いと思います。そのような人たちにとってはヘルシンキ空港そばを拠点にした方がいいと思います。その際には、ヒルトンヘルシンキエアポートがお勧めです。

フィンランドと言えばマリメッコですね。価格調査してみました。

バラマキ用のお土産も調査しました。

おもちゃはストックマンデパートがお勧めです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする