【新規発行終了】ヒルトン:ゴールド会員(朝食無料!)の自動付帯が付いたクレジットカード!1泊すれば年会費の元が取れる!

【追記】2020年6月30日をもって、VISA系ヒルトン提携カードの新規発行が終了しました。

21年春に別ブランドでの提携カードが発行されるそうです。

—————

ヒルトン会員ステータスでは、ゴールド会員から無料の朝食*が付きます

*朝食無料がつくのは、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、キュリオ・コレクションbyヒルトン、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトン、タペストリー・コレクションbyヒルトン、ヒルトン・ガーデン・イン

その他にもゴールド会員の特典は多数ありますが(例えば、部屋のアップグレード、ポイントボーナスなど)、最も金額ベースでお得な特典は朝食無料だと思います

自分が知る限りでは、ホテルの会員制度でゴールドクラスで朝食が無料になるのはヒルトンだけです。例えば、マリオットグループではゴールド会員では朝食は付きません

ヒルトンでは、ゴールド会員になるためには、以下の(1)~(3)のいずれかを満たす必要があります。

(1)1年間に20回のご滞在、または
(2)1年間に40泊のご宿泊
(3)1暦年間に75,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

*チェックインからチェックアウトまでを”1滞在”とカウントします。したがって、同じホテルに1泊しても5連泊しても同じ”1滞在”になります。

20回滞在ということは毎月2回程度ヒルトンに滞在する必要があります。しかし、毎月2回というのはハードルが高いと思います。

しかし、とあるクレジットカードの力があれば、ヒルトンゴール会員に自動的になることができます

そのカードとは、ヒルトン・オナーズVISAカードです。

(三井住友VISAカードHPから引用)

ヒルトン・オナーズVISAカード

年会費

気になる年会費は、13,950円 (含む消費税等)です。ゴールドカードとしては平均的な年会費だと思います。

この年会費は、「マイ・ペイすリボの支払い」&「WEB明細サービス」に登録をすることで7,470円になります

「マイ・ペイすリボの支払い」に登録すると5,000円引き(税抜き)になります。実際にリボ払いしなくても、登録するだけで年会費を下げることができるのですが、カード申し込み時は最大3万円しか設定できません。そこで、カードが到着したらWEB上(Vpassという三井住友VISAカード専用webサイト)でリボ払いの上限を上げることによって(例えば100万円のように、リボ払が発生しないような上限を設定することが可能です)、リボ払いの金利を回避することができます。

「WEB明細サービス」は、年間で6回以上明細書を発行すれば(つまり年間で6か月はカード決済する必要があります)、次年度から年会費が1,000円(税抜き)引きになります。

よって、13,950円-5,400円-1,080円=7,470円になります。

家族会員は1人目無料。2人目以降から1,080円かかります。

ヒルトンゴールド会員としてのメリット

朝食無料

金額ベースとして最も大きいのは朝食無料(ゴールド会員本人+1名)でしょう。

コンラッド東京セリーズの朝食ビュッフェの場合、コンラッドブレックファースト3,900円(税サ別)。消費税(8%)とサービス料(15%)込みだと約4,800円。二人で約9,600円この金額が無料になりますので、いきなり年会費を超えることになります

ヒルトン東京お台場の朝食ビュッフェの場合、大人3,200円(税、サービス料は別)。消費税(8%)とサービス料(13%)を加算すると、約3,900円です。二人で約7,800円。ほぼ1年目年会費分になります。

ヒルトン東京のブレックファストビュッフェ(マーブルラウンジ)の場合、大人3,200円、子供(6~12歳)2,000円(税サ別)。消費税+サービス料(13%)込みだと、大人約3,900円、子供約2,440円になります。こちらも二人で約7,800円。ほぼ1年目年会費分になります。

ヒルトン東京ベイの朝食ビュッフェ(フォレストガーデン)の場合、大人3,000円(税、サービス料は別)。消費税(8%)とサービス料(13%)を加算すると、約3,660円です。二人で約7,300円。

部屋のアップグレード

エグゼクティブルームタイプまでのアップグレードがあります。こちらは空き状況に依存しますが、アップグレードを受けることができればますますお得になります。

ボーナス加算ポイント

ヒルトングループのホテルに宿泊すると、ヒルトンポイントが貯まります(1USドルごとに10ポイント)。ゴールド会員だと+80%加算になりますので、1USドルごとに18ポイント貯まります。1ポイントの価値は約0.5円相当といわれているようですので、1USドルごとに通常だと5円相当のポイントが貯まりますが、ゴールド会員だと9円相当貯まる感じです。

2万円の部屋に宿泊したとすると(1USドル=100円換算)、通常は2,000ポイント(=1,000円相当に対して、ゴールド会員だと3,600ポイント(=1,800円相当)になります。差額は金額ベースで約800円。金額ベースではあまりお得感はないように思います

ゴールドカードとしての特徴

空港ラウンジサービス

羽田空港などにあるクレジットカードラウンジが無料で利用できます。

海外・国内旅行傷害保険

最高5,000万円なので標準的な保障範囲だと思います。

どのような人がこのカードを持つといいのか?

年間に1泊以上ヒルトンに宿泊する人にとってはお勧めのカードだと思います。

カードの公式サイトはこちら

ダイヤモンド会員になりたい人はこのカード

ヒルトンオナーズ・プラチナカード

年間120万円のカード決済でダイヤモンド会員になれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする