ヒルトン東京ベイ:”withコロナ時代”の屋内プール&お風呂

夏休みに家族でヒルトン東京ベイに宿泊しました!

ヒルトン東京ベイにはリビスタ フィットネスに屋内プールやお風呂があります。子供はプールやお風呂が好きなので、ヒルトン東京ベイに宿泊する際にはこれらを利用しています。

今回の宿泊時ではどうなっていたのか報告いたします。

基本情報

【場所】地下1階

【営業時間】

月~金: 6:00~22:00 (最終チェックイン 21:00 施設利用21:30まで)

土・日・祝: 6:00~21:00 (最終チェックイン 20:00 施設利用20:30まで)

【利用料金】

宿泊者:プール&ジムが無料(浴場は別途有料)

ビジター:6,000円

「浴場は別途有料」とHPには記載されておりますが、受付時に「ダイヤモンド会員なので、浴場の利用は無料です」とホテルスタッフさんがおっしゃっていました。

また、withコロナということで、受付時にホテルスタッフさんによる検温がありました。

注意事項です

水温は常時30℃に保たれ、年間を通じてご利用いただけます。プールの水は、ファイテンが独自に開発したフィルターを通して供給されています。ファイテンの技術が水をリノベート、心地よい泳ぎと、皆様のさらなる健康をサポートします。
17m x 3コース、水深110~130cm、水温30℃

  • ※水着レンタル有(有料)数に限りがございます。
  • ※スイミングキャップ要着用(無料レンタル有)
  • ※オムツの取れたお子様からご利用になれます。
  • ※お子様のご利用の際には、大人の方の同伴が必要です。

(公式HPから引用)

スイミングキャップが必須になっていました(無料でレンタルできます)。

タオルは受付のところに置いてありますので、部屋から用意していく必要はありません。

ロッカールーム

ソーシャルディスタンスということで、使用できるロッカーが一つ置きになっていました。

ウオーターサーバーや脱水機は変わらず

洗面台に置いてあるアメニティーが石鹸&アルコールだけになっていました。

以前は、資生堂の「THE AMENITY」シリーズが用意されておりましたが、撤去されたようです。

プール

夏休みということで家族連れが複数いらっしゃったので写真はナシです。

浮き輪の持ち込みは可能ですので、利用したい方はお忘れなく。

3レーンのうち、1レーンが泳ぎ専用、2レーンフリーコースになっていました。

お風呂

こちらも利用者がいらっしゃいましたので、写真はナシです。

41度くらいのお風呂と水風呂があります。

前回の様子(1年半前の記事)と変わっていないように思えました。

まとめ

withコロナということで、入り口で検温があったり、ロッカー間隔を広くしたりと、感染拡大防止に向けて各種対応を実施していました。

withコロナの対応

朝食ブッフェスタイル

ラウンジ

ホテル内のディスニーストアにはお菓子系お土産はありませんでした

ヒルトン東京ベイ宿泊記

セレブリオルームにアップグレード

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする