ヒルトン東京ベイ⑤:今回もファミリーハッピーマジックルームにアップグレード!

ヒルトン東京ベイに家族で宿泊しました!

予約時はハッピーマジックルーム(パーク側)でしたが、ダイヤモンド会員特典により、一つランクアップのファミリーハッピーマジックルーム(オーシャン側)にアップグレードしてもらえました。

事前にアプリでチェックイン状況を確認したところ、ファミリーハッピーマジックルームのパーク側とオーシャン側のどちらでもアップグレードできるようでしたので、今回は部屋が広めのオーシャン側を選択しました

(2021年秋旅行の話になります)

ホテル概要

東京ディズニーリゾート®のオフィシャルホテルです。ディズニーに行く人が主に利用するホテルかと思います。我が家も東京ディズニーリゾート®で遊ぶために宿泊しました。

アクセス:【電車】

JR舞浜駅からは、ホテル直行のシャトルバス(無料)(ホテルまで約7分)。

または、JR舞浜駅隣接のディズニーリゾートライン リゾートゲートウェイ駅よりモノレールに乗車し、ベイサイド駅下車(乗車時間約4分)
ベイサイド駅からホテルまでは、徒歩または無料送迎バスで約1分です。

公式HP上では、ベイサイド駅からホテルまで”徒歩1分”と記載されています。確かにホテルの敷地までであれば徒歩1分かもしれませんが、“ホテル建物内”まではベイサイド駅から徒歩5分くらいかかると思います(しかもなだらかな坂道を登ります)

ベイサイド駅からホテルまでの無料送迎バスはディズニー仕様です(写真のバスはシェラトン行きになっていますが、ヒルトン東京ベイ行きのバスも同じ仕様のバスです)。モノレールに乗ってきたお客さんが揃ってからバスは出発します。モノレール2本分が到着してからホテルに出発しているようですので、場合によっては次のモノレールのお客さんが揃うまでバス内で待つことになります。

車内ではミッキーマウスのアナウンスが流れます。息子はこのバスがお気に入りです(徒歩でホテルに行こうとは絶対にしませんでした)

ホテル前で待つバス

アクセス:【車】

首都高速道路湾岸線の葛西ランプ、または浦安ランプ

駐車場代は通常1泊3,100円かかりますが、ダイヤモンド会員はチェックアウト日の15時まで無料です。

チェックイン前でも追加料金なく駐車可能です。ディズニーでの駐車場料金を抑えるために、ホテルに駐車するのもアリです。

チェックアウト後、15:30以降のご利用につきましては、30分あたり260円(税金含む)の追加料金をいただいております

(ヒルトン東京ベイHPから引用)

部屋はファミリーハッピーマジックルーム

予約時はハッピーマジックルームでしたが、ファミリーハッピーマジックルームにアップグレードできました。

値段で見ると、以下になります(オーシャン側の方がパーク側よりも1,000円程度高い)

ヒルトンルーム(パーク側、オーシャン側)

セレブリオ(パーク側、オーシャン側)

ハッピーマジックルーム(パーク側、オーシャン側)←予約時

ファミリーハッピーマジックルーム(パーク側、オーシャン側)←実際の部屋

セレブリオセレクト(パーク側、オーシャン側)

セレブリオスイート

ハッピーマジックスイート

ダイヤモンド会員特典として、スイートルームまでの無料アップグレード(空室状況による)がありますので、今回は1段階アップグレードを楽しむことができたことになります。

これまでハッピーマジックルームを3回予約していますが、すべてファミリーハッピーマジックルームにアップグレードしてもらっています

ハッピーマジックルームとファミリーハッピーマジックルームとの価格差は日によって変わりますが、おおよそ4,000円~5,000円ですね。

パーク側とオーシャン側では部屋からの眺望のほかに、広さが違います。パーク側は35m2、オーシャン側が40m2となっていて、オーシャン側の方が若干広めになっています

前回はパーク側に宿泊したため、今回はオーシャン側にしてみました。

部屋までの道のり

エレベーターはルームキーをかざさないと、目的の階に到着できないようになっています。

セキュリティがしっかりしていますね。

ファミリーハッピーマジックルームのあるフロアのエレベーターホールには魔女が待っています。

メルヘンチックな雰囲気

廊下のデザインも可愛らしい

お部屋の様子

お部屋のデザインは全体的にかわいい感じになっています。

奥には通常サイズのベッドが3台並んでいます。

2段ベッドの下側

2段ベッドの上のベッドに上がるためには、階段を上る必要があります。

2段ベッドの全体を写してみました

窓側にはワーキングスペース。上にテレビが設置されています。

ベッドの奥にはなにやら大きなカギが。。。。

ファミリーハッピーマジックルームには3つの仕掛けが隠されています。

仕掛けのヒントは公式HPに記載されています。

仕掛けによっては音が鳴るのですが、結構いい音がでます。一休.comの口コミにも記載されていましたが、こちらの部屋が静かだと隣の部屋の仕掛けの音が聞こえてきました。夜遅くに仕掛けで遊ぶのは控えた方がいいかもしれません。

テーブルにはミネラルウォーターとウェルカムスイーツ。

ウェルカムスイーツは定番のシルスマリアというお店の生チョコ(生チョコレート発祥の地のようです)。今回も美味しくいただきました。

飲み物系のアメニティ

実際の宿泊人数に関係なく、コップはいつも6個。

空気清浄機を事前にリクエストしていましたので、お部屋に来た時から用意されていました。

スリッパは使い捨てではなく、再利用できるタイプ

パジャマ

子供用パジャマ

パジャマはワンピースタイプ

洗面スペース。ユニットバスタイプです。

今回は子供用踏み台がありませんでしたが、過去に宿泊した際には子供用踏み台が用意されていました(その差は不明です。。。。)

アメニティ。ヒルトン定番のVEBBENA and LAVENDERのボディーローション。

さらに、歯ブラシなど子供用バスアメニティも用意されていました。

※子供用アメニティ

お子様用のアメニティを無料にてご用意しております。ご予約時、またはご到着時にお申し付けください。

●子供用歯ブラシ

●子供用ゆかた(120cm)

●子供用スリッパ(20cm) など

ホテルHPから抜粋)

化粧水をリクエストしたら、POLAの洗顔セットを頂きました。moisture milk, moisture lotion, face wash, liquid cleansingの4点セットでした。

ユニットバス

シャンプー、トリートメント、ボディウォッシュは備え付けタイプですね。

窓からの景色

天気が良かったので、景色は最高でした。

ホテル内ショップ

ホテル内にはディズニーショップがあります。

定番のお土産はそろっていますので、ディズニー内でなくてもこちらでもお土産を購入することは可能です。

コンビニはローソンに転換

以前は「生活彩家」でしたが、今回訪問時ではローソンに変わっていました。

24時間営業ですので、夜遅くまでディズニーで遊んだ後でもこちらで夜食等の購入は可能です。

まとめ

今回もファミリーハッピーマジックルームにアップグレードしてもらえました!

わが子は2段ベッドがお気に入りなので、今回のアップグレードには感謝です!

スイートルームほど値段が高くなく、かといって普通の部屋より広くて一人1台ベッドを確保できるという点で、ファミリーハッピーマジックルームは家族連れにはとても良いと思います。

部屋の広さはパーク側と比較して”4m2“という差ですが、ベッドから窓までのスペースが広い印象を持ちました。部屋の広さと開放的な景色を楽しむのであれば、約1,000円多く出してオーシャン側を選択するのはアリだと思います

ヒルトン東京ベイ宿泊記

セレブリオ(パーク側)

ファミリーハッピーマジックルーム(パーク側)

ファミリーハッピーマジックルーム(パーク側)。誕生日お祝いメッセージ付き

withコロナ時代のエグゼクティブラウンジ

withコロナ時代のラウンジ・オーでの朝食

withコロナ時代のフォレストガーデンでの朝食

withコロナ時代の屋内プール&お風呂

他のヒルトン系ホテル宿泊記

ダイヤモンド会員のアップグレード遍歴

コンラッド東京

withコロナ時代の過ごし方

ベイビュースイート

誕生日ケーキいただきました

ベイビューエグゼクティブ

ヒルトン東京

シティスイート

ジュニアスイート

ヒルトン東京お台場

プレミアムエグゼクティブルーム

スーペリアデラックス

ヒルトン小田原リゾート&スパ

コーナー和洋室L

旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン

コートヤードスイート

コートヤードデラックス

ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城

和室スイートにアップグレード

ヒルトン沖縄北谷リゾート

ツインエグゼクティブ(テラス付き)にアップグレード

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする