マリオット軽井沢:withコロナ時代の子連れビュッフェスタイル朝食!地産料理がおいしい!

マリオット軽井沢に家族4人で宿泊しました。

朝食はホテルのレストランGrill & Dining Gを利用しましたので、その内容をレポートします。

基本情報

【場所】メインウイング1階(レセプションの裏になります)

【朝食営業時間】7:00~10:00 (L.O.)

(ホテルHPによると、2021年7月17日~8月31日は6:30~10:00とのことです)

営業時間は各種状況により変更になると思われますので、事前にホテルHPで確認しておくと良いと思います。

【料金】ビュッフェの場合は、大人4,250円、子供(4-12歳)2,200円

現在はアジア地域のマリオットホテルにおいて、ステータスに関係なくマリオット会員であれば、子供料金は無料になります。

これは大きいですね。我が家では大人2人分だけ有料で朝食を摂ることで、子供2人分は無料でした。

料理&ドリンク

ビュッフェスタイルでした。

宿泊した日は非常に混雑していたため、レストラン内の様子を写真で撮ることはほぼできませんでした。通常のレストランGrill & Dining Gのスペースだけでなく、レストラン奥にある広い部屋も開放されていました。

ビュッフェ台の前には、アルコール消毒と使い捨て手袋の機械が用意されていました。

(写真はシェラトングランデトーキョーベイのレストランの画像になりますが、それと同じ機械が用意されていました)

機械下のセンサーに手をかざすと風がでてくるため、手で手袋を引っ張ることなしに手袋を装着することができます。

パンは軽井沢で有名な浅野屋さん

コーヒーも軽井沢で有名なミカドコーヒー

朝食を食べ終わった後に、テイクアウト用にミカドコーヒーをお部屋に持ち帰ることができました。

レセプションそばにもミカドコーヒー。外出時に持参できます。

食べたメニュー

大皿にあるのは、サラダやソーセージの他に、local foodのイナゴの佃煮

地元野菜を使用したけんちん汁や地元ご飯がありました。ご飯+とろろは最高でしたね!

Local foodエリアが用意されていて、朝から軽井沢を満喫することができました!

“浅野屋さんのパンにミカドコーヒー”というセットで、ミーハーな自分はかなり満足してしまいました。さらに、地元産のごはんやけんちん汁等もあって、とても充実した朝食を楽しむことができました!

また、local food以外にもサラダやソーセージなども用意されていたため、子供もいろいろな食材を楽しむことができました!

子連れ目線で補足すると、子供用ハイチェアや子供用のプラスチックプレートもありましたので、小さいお子様連れも安心だと思います

春休み期間ということかもしれませんが、子供連れの家族旅行の方がとても多かったです。半分以上は子供連れだったような印象を持ちました。

マリオット軽井沢宿泊記

お部屋はスーペリアルームツイン

露天温泉は気持ち良かったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする