今はポイントが足りない、でも60,000ポイントで宿泊できる今のうちにリッツカールトン東京を予約したい→はい、できます!

新カテゴリー8ホテルの2019年以降の宿泊についても、今のところ、60,000ポイントで予約できます。

カテゴリー8に該当するのは、日本では以下の5つのホテルです。

ザ・リッツカールトン東京

ザプリンスギャラリー東京紀尾井町

ザ・リッツカールトン京都

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル

セントレジデンス大阪

2019年にカテゴリー8が導入されると、カテゴリー8ホテルに宿泊するために必要なポイントは85,000ポイント(ピーク時は100,000ポイント)になってしまいます。

したがって、今はカテゴリー8ホテルに通常よりも少ないポイントで宿泊予約できるお得なボーナス期間なのです。残念ながら、いつボーナス期間が終わるのか公式ホームページには掲載されていません。公式ホームページには、「近日開始」しか書かれていません。

リッツカールトン東京の人にポイント宿泊について問い合わせたときには、「今予約するのであれば、2019年以降も60,000ポイントで宿泊できる。しかし、いつ60,000ポイントで予約できなくなるかはわからない」というような趣旨の回答でした。

となると、リッツカールトン東京などの新カテゴリー8のホテルは、今予約したほうがお得なのです(リッツカールトン東京はチェックイン7日前であればキャンセル可能ですので、宿泊する可能性がある日は、今のうちに予約しておくのもアリです)。

しかし、「今、60,000ポイント持っていないよ!でも、このボーナス期間中を利用してリッツカールトン東京を予約したい」という方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方は、ポイントアドバンスを利用するとよいでしょう

ポイントアドバンス

ポイントアドバンスとは、

チェックインの最低14日前までに追加ポイントを獲得するか、ご購入いただければ、ご希望通りにご予約いただくことができます

(マリオットHPから引用)

という制度です。公式サイトはこちら

つまり、「今はポイントが足りないけど、チェックインの14日前までに必要なポイントを用意するからとりあえず今予約させてー」ということです。

したがって、(いつ終わるかわからない)ボーナス期間の今のうちにポイントアドバンスで予約しておき、チェックイン14日前までに足りない分を用意すれば、カテゴリー8ホテルに60,000ポイントで宿泊できるのです。

例えば、2/9(土)を宿泊しようとします。すると、手元に60,000ポイントもっていないため、画面左下に「必要: 23,917 追加ポイント 」と表示されています。しかし、そのまま気にせずに、画面右下の「選択」をクリックします

ポイントを購入するか、ポイントアドバンスを利用するか選択できます。ここで、ポイントアドバンスを選択すればOKです。

足りないポイント分を用意する方法

ポイント購入

マリオット公式HPから1ポイント1.4円程度で購入することができます。

https://storefront.points.com/marriott/ja-JP/buy

土曜泊の場合、リッツカールトン東京は約9万円かかりますので、1ポイントの価値は1.5円になります。例えば、2/9泊では93,100円かかりますが、ポイントであれば60,000ポイントで宿泊できます。この場合、1.55円/ポイントの価値になりますので、1.4円で購入したとしても、十分にお得です。

注意点は、年間(1月~12月)で50,000ポイントしか購入できない点です。しかし、2019年1月になったら、再度上限50,000ポイントまで購入することができるようになりますので、もし今のポイントがゼロであったとしても、2018年+2019年分で合わせれば60,000ポイント分購入できます。宿泊日が2019年1月下旬以降であれば、この方法が使えると思います。

spg/amexカードで決済

100円で3ポイント貯まります。予定チェックイン日を考慮して、買い物しましょう。

マリオット系列のホテルに宿泊/食事

会員グレードによってもらえるポイントが異なりますが、平会員でも宿泊費等の10%がポイントが貯まります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする