SFC修行的那覇空港での過ごし方:短時間の滞在ならばソーキそばとポークたまごおにぎりで沖縄を楽しもう

羽田/那覇路線は、フライト数が多く、かつ、得られるプレミアムポイントが高い(ANA SUPER VALUEだと1476PP、ANA SUPER VALUE PREMIUMだと2860PP)ことから、SFC修行の人気路線となっています。

せっかく那覇まで来たことから、国際通りで買い物したり、首里城にでかけたり、ビーチに出かけたりする人も多いことでしょう。

中には”那覇滞在は短くてOKで、できれば早めに帰りたい”という人もいるでしょう。そのような方には、那覇空港内で短時間(30分程度)でさくっと沖縄料理を食べて帰るのはいかがでしょうか?

自分はそのようなタイプでしたので、そのような方向けに自分の過ごし方を紹介します。

空港食堂

ソーキそばが名物です。

食べログはこちら

営業時間:9:00~20:00

場所:1F到着ロビーの到着口A側

(那覇空港HPから引用)

営業時間は9時からですが、食事は11時からになります。11時ちょうどくらいだと並んでいる人はほとんどいませんが、11時半ごろには並んでいる人が出てきます。

メニュー

一番人気はソーキそば650円。店内で食券を購入します。

ソーキそば

ごちそうさまでした

ポークたまごおにぎり本店 空港1F店

スパム+卵焼きのおにぎりです。沖縄のソールフードのようです。

食べログはこちら

営業時間:7:00~22:00

場所:1F到着ロビーの到着口B側

(那覇空港HPから引用)

時間が訪問するときはいつも混んでいます(お昼前後というのが原因かもしれません)。だいたい20-30分待ちですね。

メニュー

スタンダードのポーたま(スパム&卵焼き)は250円。

比較対象がないから大きさが伝わりませんが、コンビニおにぎりよりも一回り大きいくらいのサイズです。1つ食べれば小腹は満たされると思います。

あぶらみそ280円。みそのしょっぱさが最高です。

まとめ

気軽にさくっと食べられる沖縄名物を紹介しました。

両店とも混んでいなければ、日帰り滞在1時間の旅でも十分に沖縄を味わうことができると思います。

SFC修行のご参考までに、スーパーバリュー28, 45, 55とスーパーバリュープレミアムの価格やプレミアムポイント単価について調べてみました

2019年1月&2月の羽田~那覇/石垣/宮古島のPP単価を調べてみました。

PP単価が優れている石垣島路線(日帰り石垣島の過ごし方)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする