シンガポール旅行記⑩:ウルトラテクノロジスト集団teamLab常設展で子供は大満足!

シンガポールにはteamLabの常設展(FUTURE WORLD展)があります。

https://jp.marinabaysands.com/museum/future-world.html

私は訪問したのは7月でしたが、9月からrenewal openしたそうです。

https://www.team-lab.com/news/futureworld2018

7月までの内容は、日本のららぽーと富士見にあるteamLabがベースで、さらに、①複数のアート作品が追加、ミニシアターがある、②広い、③お絵かきタウンペーパークラフト(立体模型)が無料という、感じです。値段的にはららぽーと富士見と変わりありませんが、内容はかなりシンガポールの方が迫力あります!!

子供はかなり満足していました!

場所

マリーナ・ベイ・サンズのすぐ横にある、アート・サイエンス・ミュージアムにあります。

値段

アート・サイエンス・ミュージアム内にはteamLab以外の展示があります。

teamLabだけの場合は、

大人:19シンガポールドル(約1,600円)

子供(2歳~12歳):14シンガポールドル(約1,200円)

楽天グループ会社voyaginだと25%オフで購入できるので、お薦めです。

チームラボ以外の展示も見ようとするとプラスでお金がかかります。

入園時間

FUTURE WORLD展は人気のためか、1時間半ごとの入場制限を設けているようですが、我が家が訪問したとき(日曜日でしたが)には特に制限はありませんでした。

10時オープンで10分前に到着した時には10組くらいの家族がいました。

入場

チケット売り場は地下2階になります。展示場も地下2階ですので、チケット購入後そのまま同じフロアにFuture World展があります。

チケットを持っていれば、Future World展の再入場は可能です。

展示

滑り台で滑ったところに花が咲きます。

山とか駅とかヘリポートなどの同じブロックを置くと、その間にイベントが発生します。例えば、駅ブロックを2つ置くと、線路ができて電車が走ります。

一番人気がこちらでしょう。書いた絵がスクリーンに登場します。こちらは街タイプ。シンガポールなので、マーライオンが描かれています。

専用の紙が置いてあります。

それをクレヨン等で自由に書きます。

専用スキャナ(下記)で取り込めば、描いた絵がスクリーンに登場します。

(ちなみに、ららぽーと富士見と違って、自分でスキャナで取り込みます。スキャナがいっぱいあるので、スキャナ待ちはゼロです。ららぽーと富士見は店員さんが取り込むことになっていて、機械も少ないため、スキャナ待ちが生じます)

水族館もあります。

“街”の絵(水族館の絵は不可)は、専用プリンターで立体工作ができるようにプリントアウトすることができます(しかも無料)。専用プリンターは街コーナーの隣の部屋にひっそりとあるため、意外と気づいていないお客さんが多かったです。

作品が飾ってあります(我が家は日本に持ち帰り)

ボール遊び。ボールに触れると色が変わったり音がなったりします。

感想

とても楽しかったです!12時半くらいまで遊んでいました!!TeamLabだけでも十分に楽しめると思います。

12時くらいになると結構混んできましたので(とは言ってもスペースがかなり広いため、絵を描くスペースがなくなるということはなかったです)、午前の朝一から来ることをお勧めします。

他のシンガポール旅行記

両替はチャンギ国際空港で行うのがお得です。

チケットサイトでvoyagin(楽天子会社)とveltraを検討してみました。

宿泊ホテルはJW Marriott Singapore Hotel South Beach

人気のナイトサファリ

かき氷と言えば、味香園甜品(らしい)

チキンライスと言えば、CHATTERBOX(らしい)

チャンギ国際空港のPlaza Premium Loungeで夜ご飯&シャワー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする