ヒルトン東京:子連れフィットネス訪問(プール&浴室)

ヒルトン東京のプール&お風呂を楽しんできました!

ヒルトン東京には宿泊者が無料で利用可能なフィットネス(屋内プール、浴室、サウナ)があります。子供と一緒に屋内プールと浴室を楽しんできましたので、報告します。

フィットネスセンター

ヒルトン東京のフィットネス場の名称は「フィットネスセンター」で、まさにそのままの名称になっています。

ヒルトン東京ベイでは「リビスタ フィットネス」、コンラッド東京では「水月スパ&フィットネス」、ヒルトン東京お台場では「庵スパ TOKYO」というようなおしゃれな名前がついているのですが。。。

公式サイトはこちら

【場所】5階

【営業時間】

メインジム :24時間(21:00~6:00の間のスタッフの常駐はなし)

プール   :6:00~22:00

サウナ   :8:00~22:00

マッサージ :12:00~21:00

テニスコート:7:00~21:00

【利用料金】

宿泊者はジム、サウナ、室内プールを無料で利用可能

入り口

エレベーターを降りるとすぐにフィットネスセンターがあります。

入って左手に受付があります。

受付でロッカーのカギをもらいます。私たちは浮き輪(空気を抜いた状態)を持ってきていましたが、スタッフさんが浮き輪の空気を入れてくれました(空気が抜けた浮き輪を渡して、プールで空気が満たされた浮き輪を受けとりました)。

受付が終わったら靴をロッカーに入れます。

バランスボールが置いてあったり、ストレッチスペースがあったりします。

ロッカールーム

入ってすぐにウオーターサーバーがあります。その奥には休憩スペース

休憩スペースには椅子が3台。背もたれを倒すことができます。

ロッカースペース

洗面台スペース

アメニティのほとんどはヘアケア系ばっかりでした。スキンケア系はボディーローションのみ。

もちろん脱水機はあります。

浴室入り口です。バスローブもあります。

浴室内には他の利用者がいましたので、写真は撮れませんでした。通常のお風呂と水風呂があります。広さは東京ベイよりちょっと広いくらいだと思います。6人くらい入れるくらいの規模です。洗い場は確か3か所だったような。

東京ベイはこちら

プール

プールに向かって進めばOKです。

プール手前に、ビート板やバスタオルが置いてあります。

プールに入る前にシャワーを浴びましょう

プールに到着。泳ぎ専用レーンと遊び専用レーンが存在します。

4,5M x 12M 深さ1.1~1.3M 室温/水温 28℃

  • 16歳以下のお子様は必ず大人の方の同伴をお願いいたします。
  • 水泳帽子の着用をお願いいたします。(フィットネスセンター受付にて、貸出用の水泳帽子もご用意しております。)

(ヒルトン東京HPから引用)

夕方は誰もいませんでした。

プールサイドの奥にはストレッチスペースがあります。

プールサイドの奥から撮った様子。右手奥に、眼洗い場と水飲み場があります。

感想

ヒルトン東京ベイと同様に、”ザ・プール”という感じでした。

冬ということでプール利用者はほとんどいませんでした。ということで思いっきりプールで遊ぶことができました。テニス利用者が結構いました。いい値段ですが、利用者はいるのですね・・・

浴室もあって、子供は大満足でした。

ヒルトン東京宿泊記

部屋はシティースイート

エグゼクティブラウンジ

1階のマーブルラウンジで朝食。ヌードルバーあり

他のヒルトン系ホテルのプール

コンラッド東京は幻想的な雰囲気

ヒルトン東京お台場の屋外ジャグジーはインスタ映え。ここだけ宿泊者も有料(ダイヤモンド会員は無料で利用可能)

ヒルトン東京ベイの屋内プールはヒルトン東京と似ているかな

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする