ヒルトン東京ベイ:”withコロナ時代”の朝食ビュッフェスタイル

夏休みにヒルトン東京ベイに宿泊しました!

朝食ビュッフェが新型コロナウイルス対応になっていましたので、レポートします。

基本情報

【営業時間】6時半~10時(7月~)

【場所】1Fフォレストガーデン

新型コロナウイルス対応

テーブルには「ソーシャルディスタンスにご協力を」のプレート

お箸等は「消毒済み」シール

料理を取る前に、使い捨て手袋と個別専用トングがあります。トングは所々で交換できるようになっているため、”最初から最後まで同じトング”ということにはなりません。

ホテル公式HPでも、ビュッフェスタイルについて言及しています。

ビュッフェ方式において、食事の個別提供、従業員による取り分け、もしくは個別のお客様 専用トングや箸等を用意し共用を避けるなど料理の提供方法を工夫し、また、座席の間隔を離すなど、食事の際の三密対策を徹底する。

(公式HPから抜粋)

ビュッフェは一方通行(右から左へ移動)

新型コロナウイルス前はキッズステーションだったところがブレッドステーションになっていました。

飲み物はサーバーで提供

朝食

新型コロナウイルス対応により、メニューが減ってしまった印象です。例えば、オムレツやキッズステーション(カレーやおにぎり等)がありませんでした(オムレツはありませんでしたが、目玉焼きやゆで卵はありました)。

とは言えども、依然として十分な品数がありましたし、料理は美味しかったです!!子供も満足そうにたくさん食べていました。

“withコロナ時代”のヒルトン東京ベイ

ラウンジ

屋外プール&お風呂(スパ内)

ホテル内のディズニーショップにはお菓子系お土産はありませんでしたので、ホテル内でお土産を検討している方は要注意です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする