【2018年振り返り】ANAビジネスクラス特典航空券の直前開放枠で多くの路線で4席空きがあった時期はココ

「マイルは貯まったものの、ビジネスクラス特典航空券の枠に空きがなくてなかなかマイルを利用できない」というような状況を打破できないかと思いまして、ANA平会員でもビジネスクラス特典航空券が4席取れそうな路線や時期はないかと、1年間(2018年2月~2019年1月)直前開放枠を調査してきました。

具体的には、毎月各路線(日本は東京発)でビジネスクラス特典航空券の4席空きがないかどうかチェックしてきました。

米国便はANA便のみですが、欧州便はANA便以外にもルフトハンザ航空などのスターアライアンス便も調査してきました。

調査結果

この1年間で、一番多くの路線で空きが認められた時期は、クリスマスを挟む時期(クリスマス前に出国して、クリスマス後に帰国するパターン)でした。

ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトル、ロンドン、パリ、ミュンヘン、ウィーン、チューリッヒ、ブリュッセルでクリスマスを挟む時期で4席ビジネスクラス特典航空券の空きがあったのです。

しかもANA平会員です(プラチナ会員ではないです)。プラチナ/SFC修行をしなくても、クリスマス期間であれば家族4人のビジネスクラス家族旅行が可能であることを示唆していると思います。

「クリスマスを海外で過ごす」ってなんだか素敵な響きがします。

サンフランシスコやシアトルは普段の時期ではなかなか空きがないのですが、クリスマスを挟む時期では複数の日程で空きがありました。

クリスマスを挟む時期の調査結果に関する記事は以下をご参照ください。

ということで、マイルがだぶついている方は、クリスマス期間に冬休みを取って、ビジネスクラスの旅を楽しんでみてはいかがでしょうか?

また、これからマイル貯めようとしている方は、12月までにがんばって貯めましょう。まだ10か月もあります。

空きが多い理由を考察

休暇取得の観点

日本ではクリスマス期間に大型休暇は取りにくい方は多いのではと思いました。年末は業務が忙しくなるという会社は多いのではないでしょうか?また、年末年始に旅行するためクリスマス期間は旅行しないという方も多いのではないでしょうか?そのため、年末直前(つまりクリスマス期間)に休みを取る人は少ないのではと思いました。

海外出張の観点

クリスマス期間は欧米の会社はクリスマス休暇に入るため、日本人の海外出張の機会が大幅に減少すると思いました。

出張目的とレジャー目的のどっちがビジネスクラスを利用している?

エクスペディアの調査によると、観光が6割を占めているそうです。

ビジネスクラスの利用理由は「出張」と答えた人が26%に対し、「観光」が61%、「両方」が13%と、74%がプライベートの利用経験があることがわかりました。さらに、出張のみで利用した人の76%がプライベートでも利用したいと回答しています。

(エクスペディアHPから引用)

今年の調査結果は毎月アップ

今年の調査結果は毎月アップしようと思っています。

米州エリア

1月

2月

欧州エリア

1月

2月

東南アジア&オーストラリア

1月

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする