ホテル椿山荘東京:雲海は幻想的!ベビーカーも安心の子連れ庭園散策

家族でホテル椿山荘東京に宿泊しました!

ホテル椿山荘東京と言えば庭園ですね。子供と一緒に庭園散策を楽しみましたので、その内容をレポートします。

自分たちが訪問した時(2021年春休み)も現在ブログを書いている時(2021年5月18日)も、庭園にアクセスできるのはホテル利用者のみに限定されているため、庭園散策者は少なく、広い庭園をより楽しむことができました。

庭園へのご入場は、ホテルをご利用のお客様のみとなります。

ホテルHPから抜粋)

庭園への道のり

庭園はホテル1階からつながっています。

ホテルロビーは3階になりますので、エスカレーターまたはエレベーターで1階に向かいます。

1階の見取り図

庭園入り口の看板があります。

庭園マップ

ホテルHPから抜粋)

ホテル入り口(赤丸)からほたる沢/弁慶橋を通過

弁慶橋

橋の赤と木々の緑のコントラストがとてもキレイでした。

着物姿で写真を撮っている女性の方が結構いらっしゃいました。

幽翠池と雲海

(おそらく)庭園のメインスポットである、幽翠池に到着

桜がだいぶ散っていましたが、それでもきれいでした。

椿山荘では人工的に雲海を発生させています。

11時~15時台は10分、40分に(30分毎)、16時~21時台は0分、15分、30分、45分に(15分毎)に雲海が発生します。

発生時間は約3分間。

発生時間の詳細は公式サイトでご確認ください。

時間になると雲海を発生させる竹筒から徐々に雲海がでてきました。

視界がだんだん真っ白になってきました。

そして何にも見えない状態。

ホテル公式サイトの注意書き通り、周囲が真っ白の状態になります。

◇庭園でご覧いただく際、時に、「雲の中」のような状態(周囲が真っ白)になる場合がございますが、その場合は、その場で少し立ち止まってください。1〜3分程度で霧の状況が変化いたしますので、周囲の安全をご確認のうえお楽しみください。

(ホテルHPから抜粋)

子供は雲海を楽しんでいました。

子供はこの手の演出が好きですね。。。

ちなみに、幽翠池あたりからホテルを見た様子

夕方になると徐々にライトアップされます

ライトアップと雲海

そして、夜。

大雲海が10時30分と45分に実施されることから、外に出てみました。

弁慶橋の様子

奥に三重塔

弁慶橋周辺の雲海

夜の大雲海もとても良かったです。

雲海で足場が見えにくくなるため、足元は要注意です。

大雲海は2回実施されますので、どちらか1回を現地で、他方をお部屋から見学して楽しむことができると思います。

空中庭園

ホテルから直結になっています。

約1,500m2という広々としたオープンエアーの空間です。ご宴会・会議等でお集まりの皆様の集合写真の場としてもお使いいただけます。
ご宿泊のワンちゃんと一緒にお楽しみいただける「プライベートドックパーク」も設置しております。

ホテルHPから抜粋)

ホテル5階で降ります。

空中庭園の開園時間は9時から19時の間。

スロープがしっかり整備されているため、ベビーカーの移動は問題ありません。

キレイに整備されていて、開放的でした。

庭園全体を見渡すことでできて、とても良かったです。

庭園全体を見渡したい方は必見だと思いました。

残念ながら自分が訪問したときは誰もいませんでした。。。。

みなさん、リアル庭園を散策されていましたね。。。

まとめ

庭園はとてもキレイでした!

雲海はとても良かったです。子供はかなりハマっていました(わが子以外の他のお子様も雲海は大興奮していました)。

子供が”庭園散策は面白くない”と思われたらどうしようかなと心配していましたが、杞憂でした。

ホテル1階から幽翠池周辺までは坂道はあれども階段はありませんでしたので、ベビーカーでの移動ができましたので、小さいお子様連れでも問題なく庭園散策ができると思います。

次は紅葉の季節に訪問したいですね。

ホテル椿山荘東京宿泊記

ガーデンビュープライムスーペリア

子連れスパ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする