ペニンシュラ東京:withコロナ時代の子連れ屋内プール。開放的な雰囲気で子供は満足!

家族でペニンシュラ東京に宿泊しました!

ペニンシュラ東京には室内プールがあります。子供と一緒にプールを訪問しましたので、その内容をレポートします。

ペニンシュラ東京

5つ星のラグジュアリーホテルです。

ザ・ペニンシュラ東京は、2020年2月に米国の権威ある雑誌「フォーブス・トラベルガイド2020」にて“ホテル部門”においては5年連続の、”スパ部門”においては6年連続の最高ランク5つ星評価をいただきました。

(ホテルHPから抜粋)

アクセス

電車:

・東京メトロ日比谷線・千代田線・都営三田線 「日比谷駅」地下通路 A7出口直結

・東京メトロ有楽町線 「有楽町駅」地下通路 A7出口直結

・JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」 日比谷口出口 / 徒歩2分

・東京メトロ銀座線・日比谷線・丸の内線「銀座駅」C4出口 / 徒歩3分

車:

駐車場代は1泊4,000円。バレーサービスを利用することになります(駐車場代に含む)

プール基本情報

【営業時間】

6時~22時(ただし、4歳以上11歳以下の子供は、土曜日は9時~20時まで、月曜日から金曜日、日曜日は9時~18時まで利用可能)

【場所】

ホテル6階(スパ受付)

【利用料金】

宿泊者無料

【プールの大きさ】

・20Mプール

・深さは1.4M

【予約制】

・事前予約制

・予約は1日1回1時間。宿泊予約時からプールの予約が可能。

・新型コロナウイルス感染拡大防止のために、入場人数制限を実施中。

【レンタル品】

・水着、ゴーグル及びスイムキャップのレンタルは休止。

・スパ受付にて販売。

【子供の利用に関して】

・保護者同伴

・遊泳補助具としてアームヘルパーは使用可能。その他の浮輪、ビーチボールやおもちゃなどの遊具の使用は不可

・ビート板はプールでレンタル可能

プールの前にお部屋でお着替え

お部屋で水着に着替えてからプールに向かいます。客室にあるバスローブとスリッパを着用しましょう(客室~プール間のスリッパ移動は可ということです)。

プール利用で濡れてしまったバスローブは、ハウスキーピングに連絡することで新しいバスローブをもらうことができます。

6階スパで受付

6階のスパで受付をします。

新型コロナウイルス対応により、受付時に非接触で検温があります。

プール

受付が終わったらスパの受付待ちエリアを抜けて、プールに向かいます

受付エリアを抜けると階段。そこからプールが見えます。階段を降りればプールです。

階段降りたところにロッカールームがありますが、すでに水着に着替えてありますので、ロッカールームには向かわずに、プールに直行です。

プールサイドにホテルスタッフさんから、プールサイド移動用のサンダルをもらいます(子供用サンダルあり)。室内サンダルはプールエリア入り口に置く人もいれば、プールチェア脇に置く人もいました。

ホテルスタッフさんからどのチェアがいいか質問されます。チェアを選択するとタオルでセッティングしてもらえます。

チェアの多くは日比谷公園/皇居サイドに設置

外にもチェアがあります。

ただし、屋外チェアは外から丸見えです。赤丸箇所がプールになります。

皇居散歩からホテルへ帰る際に「あそこがプールだねぇ」という話を家族としていたら、ちょうど水着(バスローブなし)のお姉さまが外で突っ立っているのが見えてしまいました。。。

シャワー(写真左)を浴びたら、プールへGO

プール

天井が高く窓が大きいため、とても開放的な気分で泳ぐことができました。水温はちょっと温かいくらいでした。

写真の左がジャグジーエリア。パイプベンチが設置されています。ベンチに座ってジャグジーはとても気持ち良かったです。

事前予約制ということでプールは空いていました。

我が家が2回訪問したときは、家族連れ又はカップル(夫婦)のパターンだけでしたが、家族連れの方が多かったように思えます。

プールから部屋へはバスローブを羽織って帰りました。

まとめ

とても気持ちよく泳げました。1時間はあっという間でした。

部屋で着替え(ロッカールームを使用しない)→事前予約制で空いているプール、という流れでしたので、”密”を全く感じずにプールを楽しむことができました。

子供も満足していました。

都内ホテルのプールを調査

ペニンシュラ東京宿泊記

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする