ヒルトン:ついに終焉か。。。エリートステータスの延長は2023年3月31日で終了

ヒルトンから2023 Policy Changesが発表されました。

このサイトをみてもどこにも“ステータス延長”という言葉は見当たりませんでした

そして、ゴールド会員、ダイヤモンド会員になるために必要な宿泊/滞在日数がCOVID-19前に戻るようです。

このことから考えると、現在2023年3月31日まで認められていたステータス延長はないものと思われます。。。。

2020年の新型コロナ対応により、2020年3月末にステータスが終了するはずだったのが、1年ごとに延長になり、2023年3月まで延長が認められていました。

これがついに終焉です。。。。

マリオットもステータス延長は実施しなそうです(2023年2月まで)。

日本のヒルトンでは関係ないですが、US/CanadaではCOVID-19対応として、ゴールド会員以上の特典である”朝食無料”がFood & Beverage Credit($10-$25)になっています。

$18 F&B Credit per night: full-service and lifestyle properties located in the cities of Boston, Chicago, District of Columbia, Key West, Key Largo, New York City, San Francisco, the County of Los Angeles and the state of Hawaii.

$25 F&B Credit per night: the full list of participating brands include Waldorf Astoria Hotels & Resorts , LXR Hotels & Resorts, Conrad Hotels & Resorts, Signia by Hilton, Hilton Hotels & Resorts, Curio Collection by Hilton, DoubleTree by Hilton, Tapestry Collection by Hilton, Canopy by Hilton, Motto by Hilton, and Hilton Garden Inn.

こちらの対応についてはまだアップデートがありませんので、(US出張が発生するようになった自分としては)気になるところです。

個人的には朝食はFood & Beverage Credit($10-$25)以上の価値があると思っておりますので、エリート延長等がなくなったのであれば、こちらも元に戻してほしいですね。

2023年の主な変更点

エリートステータス達成条件

ダイヤモンド会員:30滞在、60泊、または、120,000 Base Points。

ゴールド会員:20滞在、40泊、または、75,000 Base Points

シルバー会員:4滞在、10泊、または、25,000 Base Points

ポイント有効期限

最終ポイント変動日から24か月

宿泊日数の繰り越し

2022年の30%分を繰り越すことが可能(ロールオーバー)。

例えば2022年に10泊した場合は、2023年は3泊分がロールオーバーされます。

詳細はヒルトン公式HPで

日本語

英語

なお、ホテル0泊でもダイヤモンド会員になれるクレジットカードがありますので、ダイヤモンド会員を取得・維持したい方は検討する価値はあると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする