パークハイアット東京:レーン予約になるため、がっつり泳げる!withコロナ時代の子連れプール

家族でパークハイアット東京に宿泊しました!

子供がプールで泳ぐのが大好きなので、パークハイアット東京にある屋内プールで泳いできました!

パークハイアット東京

ハイアットグループが運営するラグジュアリーホテルの一つです。

ハイアットグループには複数のブランドがありますが、パークハイアットはアンダーズと並んで最上位ブランドとして位置づけられています。

パークハイアット東京はカテゴリー1~8のうち、カテゴリー7になっています(2022年6月現在)

ホテルアクセス

電車

JR新宿駅より徒歩12分、都営大江戸都庁前駅より徒歩8分。

シャトルバス

新宿駅西口からホテル正面までの無料シャトルバスがあります。

ただし、2022年6月現在では土曜・日曜・祝日限定となっています。

利用を考えている方は、事前に公式サイトで確認しておいたほうがいいと思います。

シャトルバスの詳細は公式サイトに掲載されています。

ホテルの地下駐車場を利用することができます(400台)。

1泊1台4800円です。

今回我が家は一休.comのアーリーチェックイン&レイトチェックアウトプランを利用したのですが、チェックインの時に、予定滞在時間分の駐車場チケットを手配していただけました。

そのため、追加料金なしに(4800円で)、チェックインからチェックアウトまでホテル駐車場を利用することができました。

プール基本情報

営業時間: 午前6時~午後10時

(ただし、3歳~12歳の子供のプール利用時間は午前8時~午後6時

場所:47階(受付は45階)

利用料金:宿泊者無料

プールの大きさ:20m×8m(3レーン)

利用時間:40分間(事前予約制)

withコロナ時代の密を避けるために、事前予約制になっています。

子供の利用:3歳以上で保護者同伴(ただし、オムツはとれていることが必要)

詳細は公式サイト

プールの前にお部屋でお着替え

お部屋で水着に着替えてからプールに向かいます。

大人はお部屋にあるバスローブを利用するとよいでしょう。

なお、プールにはバスタオルが用意されていますので、お部屋からバスタオルを持参する必要はありません。

プール自体は47階ですが、受付は45階になりますので、注意が必要です。

我が家は最初エレベーターで47階で降りて受付を探してしまいました(笑)

45階のスパ受付で受付をしてから、専用のエレベーターで47階に移動します。

プール

密回避のために、レーンごとの予約になっていました。

(ホテルHPから抜粋)

レーンは3つ。

1つのレーンを独占することができるため、がっつり泳ぎたい人には最適ですね!

秒針時計が置いてあるため、その時計をもとにタイムを計りながら、子供はがっつり何往復も泳いでいました。

プールのそばにはジャグジーがないため、ジャグジー休憩なしにひたすら泳いでいました!

また、オレンジやお菓子が置いてあるエリアがあって、オレンジは無料で食べることができました(お菓子は有料)。1回オレンジでエネルギーチャージをして、子供はそのあとも泳いでいましたね。。。

ミネラルウォーターも用意されていました。

さらにプールは47階の超高層に位置しているため、プールサイドからの景色は最高でした!

まとめ

一レーン独占できるのはとてもよかったですね。

がっつり泳ぎたい人向けです(わが子はそのタイプでしたので、ちょうどよかったです)。

プールサイドからの景色もとてもよく、気持ちよくプールで泳ぐことができました!!

<その他>

プール以外は16歳以上でないと利用できないため、スパ施設を子供は利用できません。

都内ホテルのプールについて調べてみました(体験記事付き)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする