無料宿泊に必要なポイント数の増加が目前!今6万ポイントなくてもリッツカールトン東京をポイントだけで予約したよ

マリオット・SPG・リッツカールトンの新プログラム名と思われる名前がリークされるなど、新プログラムが始まる感じがあります。

2019年からホテルカテゴリー8がスタートし、以下のホテルはホテルカテゴリー8に該当することから、カテゴリー8がスタートするとともに無料宿泊に必要なポイントが60,000ポイントから85,000ポイント(スタンダード時期)に大幅に増加します

日本のホテルでカテゴリー8に該当するホテル(全5つ)

ザ・リッツカールトン東京

ザプリンスギャラリー東京紀尾井町

ザ・リッツカールトン京都

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル

セントレジデンス大阪

今のところ(新制度が始まる前までは)、これらのホテルは2019年以降の日も60,000ポイントで宿泊予約できます。また、ホテルによりますが、キャンセルはチェックイン予定日の1週間前までかかりませんので、とりあえず60,000ポイントのうちに押さえておくという戦略が可能です。

私は実際に10月にリッツカールトン東京を60,000ポイントで予約しました(宿泊自体は2月)。

さらに、現在でも60,000ポイントでリッツカールトン東京を宿泊予約できることから、もう1泊リッツカールトン東京を予約することにしました。

ところが、私のポイントは57,945ポイントしかありません。「足りないポイント分をキャッシュで購入する」という選択もありますが、私はポイントアドバンスを利用することで、とりあえず57,945ポイントでホテルを予約することにしました

理由は、ポイント購入だとレートが良くない(110円/ドル換算で約1.4円/ポイント)からです(今回だと2000ポイントで十分ですので、ポイント購入しても良かったのですが・・・)。

ポイント購入の公式サイトはこちら

ポイントアドバンス

ポイントアドバンスとは、

チェックインの最低14日前までに追加ポイントを獲得するか、ご購入いただければ、ご希望通りにご予約いただくことができます

(マリオットHPから引用)

という制度です。公式サイトでの説明はこちら

つまり、「今はポイントが足りないけど、チェックインの14日前までに必要なポイントを用意するからとりあえず今予約させてー」ということです。

したがって、(いつ終わるかわからない)ボーナス期間の今のうちにポイントアドバンスで予約しておき、チェックイン14日前までに足りない分を用意すれば、カテゴリー8ホテルに60,000ポイントで宿泊できるのです。

ポイントアドバンスについては以下で記事にしています。

実際の予約

2019年の9月に予約しました。

9月もほぼ全日60,000ポイントで予約できます。

cashだと約10万円かかります。

ポイントであれば60,000ポイントです。画面に「必要:2,055追加ポイント」とあるように、60,000ポイントまで2,055ポイント足りません。しかし、気にせずこのまま「選択」をクリックします

ここで、ポイントアドバンスを選択します。

(25,440JPYが追加されていますが、それは子供を選択してしまうと追加1人分が料金に含まれてしまいます。ホテルに電話し、子供は添い寝をすることを伝えると、添い寝分は無料になりますので、25,440JPYはなくなります)

あとは予約手続きを進めれば予約完了です。

あと半年もあれば2,000ポイントは余裕で貯められると思います。SPG/アメックスカードであれば100円決済で3ポイント付与されますので、約7万円決済すればOKです。

現在、2019年11月まで60,000ポイントで予約可能

リッツカールトン東京の場合は、2019年11月までです。2019年12月を表示させることができません。

夏休み(8月の3連休)も60,000ポイント

GW(5/1, 2を除く)も60,000ポイント

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町はポイントアドバンス不可

予約画面上ではポイントアドバンスは表示されません。「電話で追加ポイントを購入しろ」といわれてしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする